オール電化物件は好みで選ぶべき?

オール電化物件が増えてきましたが、
その特徴を把握せずに契約するのは要注意です。

ここでは、オール電化物件のメリット、デメリットについて解説します。

オール電化物件のメリット・デメリットとは?

まずはオール電化物件のメリットから解説します。

あくまで金額に例えた場合のメリットになりますが、
メリットは、毎月のランニングコストが安いことです。

さらにコンロやお風呂などに火を使う必要がないので、
火災による危険性が軽減されています。

特に手入れも必要がないのも、メリットのひとつと言えるでしょう。

続いて、デメリットについて。

これは既にオール電化が備え付けられていれば話は別ですが、
機器を新たに備え付ける場合、投資額が非常に高いことです。

あとは完全に好みの問題となります。

たとえば、コンロで言うと炎を使ったほうがいい、
機器が発する音が気になるなど、

好まない部分は人それぞれあると思います。
ただし、オール電化は金額的な部分で見ると、メリットづくしと言えます。

オール電化物件で迷っている人に

メリット・デメリットは解説したとおりです。

オール電化物件に暮らす場合、
ガス代がなくなるので、コストが安くなると思いがちですが、
必ずしもそうではありません。

結局のところ、使った電気量が多ければ高くなります。

なので、コスト的な部分でオール電化で迷うのはやめましょう。
それよりも、あなたの好みに合わせて選んだほうがいいと思います。

やはり、料理を火で行うのか、電気で行うのか。
これがオール電化物件選びの最大のポイントになります。

電気コンロでの調理は、慣れが必要になるので、
満足いく料理ができるまでに時間がかかると思います。

ただし、揚げ物などは火に比べて安全です。

安全装置が搭載されている電子コンロなら、
火事になる心配はありません。

手軽さ・安全性をとるのか、こだわりをとるのかで、
物件を選ぶといいと思います。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!