良い部屋を探すために意識したいポイント

良い部屋を探すためには、
いくつかの基準をクリアしないといけません。

部屋選びに失敗しないためにも、
最低限クリアすべき基準を理解しておきましょう。

ここでは、良い部屋を選ぶための基準について解説します。

敷金・礼金はいい判断基準

物件を借りるとき、ほぼ必要になるのが敷金・礼金です。

まずは敷金から説明していきます。
敷金はかんたんに説明すると、“お預かり金”です。

退去時に修繕が必要な場合、
すべて敷金から差し引かれる仕組みになっています。

そのため、敷金がある物件の方が安心できると思います。

続いて、礼金についてです。
礼金が不要な物件ほど、貸し手がすぐにでも貸し出したいケースがほとんどです。

なので、慎重に部屋選びをしたほうがいいと思います。
なぜ、すぐにでも貸出したいのか、を知ることが大切です。

快適に暮らすための部屋を探すには?

基本的に以下の条件に該当する物件は、家賃が高くなります。

  • 駅から近い
  • 築年数が浅い
  • デザイナーズ
  • 周辺環境が栄えている

当然、すべての条件が揃っている物件を選びたいはずです。
でも、その分デメリットも加わります。

栄えている・便利な環境に位置する物件ほど、
人が多く暮らしているため、つねに賑やかになります。

さらに家賃も跳ね上がるので、
静かな環境を求めている人には不向きです。

良い部屋を探すための基準としては、

  • 家賃相応の部屋になっているか?(間取り・設備など)
  • 周辺環境は整っているか?(スーパー・コンビニなど)

この2点に絞られます。

家賃相応の部屋を選ばないと、後に不満になると思いますし、
周辺環境が整っていない場所だと、不便さに悩むと思います。

駅から遠くなれば、家賃は安くなりますが、
周辺環境が乏しくなる可能性があります。

バランスがいい環境を選ぶことができれば、
良い部屋を探すことも難しくないでしょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!