女性の部屋選びで絶対にチェックすべきポイント

一人暮らしの女性が部屋を選ぶときに、
もっともこだわって欲しいのが「防犯」です。

無防備な物件で生活するのは危険なので、
必ず防犯を考えた部屋選びをしましょう。

ここでは、一人暮らしの女性が安心して暮らすための、
お部屋探しについて解説していきます。

第一に治安のいい環境を選ぶこと

第一条件としては、治安のいい環境を選ぶことです。

治安が悪い環境では、犯罪に巻き込まれることも多く、
もっとも女性が狙われやすくなります。

部屋を選ぶ前に、必ず土地の治安を確認しましょう。

土地の治安は、交番に聞くのが最適です。

一人暮らしをするということを前提で話をすれば、
こころよく現状を話してくれると思います。

できるだけオートロック物件を選ぶ

オートロックがなく、誰でも出入りできる物件は危険です。
最近では、ストーカー被害件数が増しています。

入居者のみが自由に出入りできる、
オートロック物件を選べば、危険性を縮めることができます。

ただ、オートロックでも裏口から簡単に侵入できる物件もあるので、
内見時はよくチェックしておきましょう。

また、女性限定のオートロック物件を選んだほうが安心です。
女性限定物件にすることで、入居者間でのストーカー被害がなくなります。

ベランダがある物件は要注意

ベランダがある物件の近くに、電柱や木がある場合は要注意です。
電柱や木を登って、犯人が部屋に侵入する可能性があります。

高層階にするほど安心と言われていますが、
近くにそれと同等の高さを持った電柱があると無意味です。

また、物件同士が近い場合も注意が必要です。

通勤・通学先に近い物件を選ぶ

女性の場合、家賃が高くなっても
できるだけ通勤・通学先の近くに住むことをおすすめします。

自宅とあまりにもかけ離れていると、
その道中で防犯に巻き込まれる可能性があります。

特に人気のない夜道には十分な注意が必要です。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!