部屋選びに欠かせないチェックポイント

ひとり暮らしの部屋選びには、注意すべきポイントがたくさんあります。
何も考えず、デザインや広さだけで選ぶのはNGです。

これから、はじめてのひとり暮らしをする人に、
内見するときのチェックポイントを解説していきます。

日当たりがいい物件を選ぼう

日当たりの良さは、物件選びの基本です。

日当たりが悪い部屋を選んでしまうと、
思ったように洗濯が干せないので不便です。

また、日あたりが悪いと、
カビが発生する可能性が高くなります。

日当たりは、快適に生活するために欠かせないポイントです。
内見時に絶対にチェックしておきましょう。

騒音に悩まされないために

駅チカのお部屋は非常に便利ですが、
その分、電車などの騒音が大きくなります。

基本的に線路や幹線道路沿いは、
昼夜問わずに騒音が発生するので注意が必要です。

騒音が気にならない人は問題ないですが、
音に敏感な人は環境をよくチェックしてから選びましょう。

部屋内部のチェックポイント

部屋内部のチェックポイントとしては、

  • ドアの開閉
  • カビや汚れ
  • キズの有無
  • 各部屋のコンセント位置
  • 電話線の位置
  • テレビケーブルの位置
  • 広さ・高さ
  • ベランダの有無

を細かくチェックしましょう。

少しでも不具合があったら、
内見時に営業マンに修理してもらえるかを聞いてください。

そして、実際に生活しているイメージをふくらませて、
家具を問題なく設置できるかをチェックしましょう。

ワンポイントアドバイス!

内見時は部屋をカメラで撮影しておきましょう。

コンセントの位置も詳しくメモして、
家電や家具を設置する場所を決めておくことをおすすめします。

メモをもとにレイアウトを作成すると、
スムーズな荷解き・家具設置ができると思います。

詳しくは以下のページで解説しています。
→引越し先のレイアウトは事前に用意しよう

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!