最後までしっかりと対応してくれる不動産を選ぶべき!

お部屋探しをしているとき、
悩みのタネになるのが不動産選びだと思います。

不動産は大きく分けると、

  • 大手の不動産
  • 地域密着型の不動産

の2種類があります。

ここでは、それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

大手の不動産に見られる特徴

大手の不動産には以下の特徴があります。

  • いい物件が多い
  • 割高な物件が多い
  • 契約がスムーズにできる

大手はメディアへ掲載・宣伝していることが多いので、
信頼と知名度で成り立っている部分があります。

そのため、いい物件が多く揃っています。

ただし、割高な物件がほとんどなので、
予算に余裕がないと厳しい場合があります。

地域密着型の不動産に見られる特徴

地域密着型の不動産には以下の特徴があります。

  • 家賃は安いものから高いものまで豊富
  • 親身になって部屋探しをしてくれる
  • 困ったときに助けてくれることがある

地域密着型は地元のつながりが強いので、
交渉次第では家賃を安くすることもできます。

親身になってお部屋探しをサポートしてくれるだけでなく、
利用者の融通を聞いてくれる点が大きなメリットだと思います。

ただし、いい加減な対応をする不動産もあるので、
信頼できるかどうかを見極めることが重要です。

そういった意味では、当たり外れがあると言えるかもしれません。

どちらを利用したほうがいいのか?

大手、地域密着型それぞれにメリット・デメリットがあります。

もっとも大切なことは、自分が納得のいく契約を実現することです。
つまり、最後までしっかりと対応してくれる不動産を選ぶべきです。

契約後も力になってくれると心強いので、
地域密着型の不動産でいいところを利用する。

これが最適かもしれません。

ただし、大手でも親身に対応してくれるところはあります。
まずはいくつか不動産をまわり、対応を確認するようにしましょう。

ワンポイントアドバイス!

大学生は大学生協でお部屋探しをすることができます。
大学生協は特に不動産と大差はありません。

予算や部屋の内容を検討して、
納得いく方を選ぶといいでしょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!