敷金ゼロ物件が持つリスクとは?

敷金ゼロの物件が増えてきています。
借りる側からすると、初期費用を抑えられるので嬉しいはずです。

でも、あまりにもウマイ話ということで、
怪しく思ってしまう人は少なくありません。

そこで、敷金ゼロ物件について詳しく解説していきます。

敷金ゼロ物件は“怪しい物件”ではない!

結論から言いますが、敷金ゼロ物件は怪しいものではありません。
単純に「敷金は不要」という物件です。

ここで問題となるのが、
退去時に修繕が必要になった場合の精算です。

一般的な物件では、敷金を預ける形になります。
つまり、退去時に修繕が必要な場合は、敷金から差し引かれます。

一方、敷金ゼロ物件は敷金を預けていないので、
修繕費は自腹で精算することになります。

基本的に敷金ゼロ物件は、修繕が必要になった場合に
自腹でその費用を精算する物件ということです。

敷金ゼロ物件の仕組み

すべての敷金ゼロ物件に言えることではないですが、
敷金を預けない分、家賃に若干上乗せしているケースがあります。

この場合、家賃として支払っているわけなので、
敷金を支払っているわけではありません。

そのため、退去時に修繕が必要な場合は自腹になります。

改めて、敷金ゼロ物件について考えてみると、
敷金を支払う契約形態の方がお得だと思います。

家賃に上乗せされているケースは、
長く住むほど損してしまうことになります。

おまけに修繕費が発生する可能性もあるので、
初期費用はかかっても、納得する家賃の物件と契約したほうがいいでしょう。

どんな物件でも、賃貸条件を把握することが大切です。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!