騒音が気になる人は事前によく確認を!

誰でも騒音に悩まされる部屋には、住みたくないはずです。

では、騒音に悩まされないためには、
どのようなお部屋探しをしたらいいのでしょう。

今回は騒音対策を考えた、
お部屋選びのポイントを解説します。

木造は音が漏れやすいので注意!

物件には以下の造りが見られます。

  • 木造
  • 鉄筋
  • RC

特に音が漏れやすいのは、木造建ての物件です。
騒音トラブルのほとんどが、木造建ての物件となっています。

もちろん木造建てでも、音が漏れにくい物件もあります。
一概にいえませんが、音が漏れやすいのは事実のようです。

静かな環境に暮らしたい人は、
木造建て以外の物件を選ぶようにしましょう。

曜日によって音の響く条件は変わる?

誰にでも休日はあります。

特に土日が休日になる人がほとんどですが、
どれだけ騒音に強い物件でも、生活音が重なるほど音が漏れます。

つまり、土日は部屋にいる人が多いので、
生活音が重なり、騒音になる可能性があります。

このように曜日によって、音が響く条件は変わると思います。
集団住宅に暮らしている以上、騒音をゼロにするのは無理です。

そのため、多少の辛抱は必要です。

騒音に悩まされたくないなら角部屋が最適

角部屋は密接する部屋数が少ないので、
一般的な部屋よりも騒音を感じにくくなります。

特に最上階の角部屋ほど、騒音に悩まされることはなくなります。

ただし、音に敏感な人ほど角部屋を選ぶので、
なかなか角部屋に住むことは難しいと思います。
(一度、角部屋に住んでしまうと、ずっと入居する人が多いため)

また、角部屋は他の部屋に比べると、
家賃が高めに設定されています。

防音を売りにしている物件はいくつかありますが、
やはり他の物件に比べると家賃が高めです。

つまり、騒音対策がきっちりしている部屋に住むには、
ある程度の収入が必要になるということです。

ワンポイントアドバイス!

静かな環境や、戸数などを考えて部屋を選べば、
ある程度の騒音対策が可能になります。

音に敏感な人は、不動産屋さんにしっかりと伝えましょう。
できるかぎり、不動産屋さんも期待に応えてくれるはずです。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!