UR賃貸住宅と一般物件の違い

ネットでお部屋探しをしていると、
一般的な不動産と分けられる形で、「UR賃貸住宅」が存在します。

通常の賃貸物件と比較したときに、
契約形態のどの部分に違いがあるのでしょうか。

ここではUR賃貸住宅の特徴を解説していきます。

UR賃貸住宅は一般物件と何が違うのか?

確かにUR賃貸住宅は、他の物件とは違います。
一般的な不動産物件との違いは以下になります。

  • 部屋はUR賃貸住宅が所有している物件のみ
  • 仲介がないので、更新料がかからない
  • 個別に部屋を選びにくい
  • キャンペーンや割引物件が多い

一般的な不動産は、仲介がほとんどですが、
UR賃貸住宅は自己所有している物件のみを紹介しています。

また、どの物件も更新料がかからないメリットがあります。

ただし、個別に部屋を選びにくいといったデメリットもあるので、
自由にお部屋探しをしたいなら、一般的な不動産を選んだほうがいいと思います。

UR賃貸の人気物件はすぐに埋まってしまう…

UR賃貸住宅は、安いものから高いものまでピンキリです。
そのため、魅力的な物件はすぐに契約されてしまいます。

残っている物件は、どれも高いものばかりなので、
学生が利用するのは厳しいと思います。

あくまで、ある程度の予算を持った社会人を対象にしているイメージです。

理想のお部屋探しをするなら、
一般的な不動産を利用したほうがいいかもしれません。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!