家賃に泣かない生活をするための秘訣

誰でもいい物件に住みたい一心ですが、
あまりにも家賃が高すぎると、生活するのが困難になります。

まずは収入と支出を書き出してみることをおすすめします。
そこから難なく生活できる物件を選びましょう。

ここでは無理なく生活するための
物件選びのポイントを解説していきます。

家賃が手取りの3分の1になるようにしよう

無理なく生活していくためには、
家賃が手取りの3分の1になるようにしましょう。

たとえば、手取りが18万円だったとしたら、
最適な家賃は6万円ということになります。

残りの12万円を生活費や支払いに当てれば、
無理なく生活していくことができます。

贅沢することを我慢して、質素な生活を心がければ、
家賃がやや高くても生活は十分にしていけます。

誰でも家賃ばかりこだわってしまいますが、
もっとも大切なのは手取りです。

手取りが曖昧なままだと、
家賃の目安を計算できないので注意しましょう。

月の生活費はどれくらい必要?

社会人・学生問わず、一人暮らしの月の生活費は気になるはずです。

ごく一般的な生活をしていることを前提とした場合、
月にかかる生活費は15000円〜30000円程度です。

一人暮らしの月にかかる食費平均は、約15000円。
水道光熱費は、約10000円となっているようです。

ただし、これらは基本的な生活費の合計です。

その他にも

  • 娯楽費
  • 通信費(電話・インターネットなど)
  • 保険料

などが必要になります。

これらを合算すると月に必要な生活費は、
だいたい50000円程度になると思います。

ひとり暮らしを始めるにはどれくらいの資金が必要?

資金がまったくない状態で、ひとり暮らしをはじめるのは困難です。

まず、ひとり暮らしを始めるにあたって、
以下の支払いが必要になります。

  • 前家賃
  • 敷金(不要のケースもあり)
  • 礼金(不要のケースもあり)
  • 火災保険
  • 仲介手数料(不要のケースもあり)
  • 生活必需品の購入

家賃を60000円として計算すると、

  • 前家賃:60000円
  • 敷金・礼金:0円〜180000円
  • 火災保険:10000円〜20000円程度
  • 仲介手数料:0円〜60000円程度
  • 生活必需品の購入:100000円が目安

これらをざっと計算すると、500000円程度が必要になります。

そのため、ひとり暮らしを始めるために必要な資金は、
だいたい500000円を目安にしたほうがいいでしょう。

家賃が高すぎると娯楽がない生活になるかも・・・

特に大学生に言えることですが、

あまりにも家賃が高い物件に住んでしまうと、
バイト三昧の生活になってしまいます。

家賃を払うことが第一目標になってしまうので、
娯楽をする時間が制限されるはずです。

社会人の場合は、早急な給料アップは期待できなので、
高い家賃の物件に住んでしまうと大変なことになります。

月の収入や手取りを考えて、
無理なく支払える物件を選ぶことが大切です。

説明するまでもないですが、
娯楽がない生活を続けていると、ストレスが溜まるだけです。

娯楽も取り入れた生活を考えていきましょう。

物価が安いところを選んでみる

人気の土地は物価が高めに設定されています。
特に東京と地方では、家賃に大きな差があります。

たとえば、東京に引っ越しするなら、
物価が安いところを選んで、家賃を抑えるという方法もあります。

通勤や通学に若干の時間はかかるものの、
物価が安いところを選べば、家賃に困る生活はなくなるはずです。

物価が高いところでは、
狭い部屋で60000円〜という物件がほとんどです。

逆に物価が安いところでは、
広くて家賃が安い部屋がたくさんあります。

快適に暮らすことを第一に考えて、
最善の選択ができるように物件選びをしましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!