自宅から通うべき?一人暮らしにすべき?

通学の悩みのひとつとして、

  • 遠距離になっても自宅から通学するべきか?
  • 一人暮らしをして通学するべきか?

が挙げられると思います。

同じ立場で困っている人のために、
通学に関するアドバイスを提供したいと思います。

まずは遠距離通学と一人暮らしの特徴をまとめる

まずは具体的に遠距離通学と、
一人暮らしをした場合の特徴をまとめましょう。

一人暮らしは学校へのアクセスがかんたんになりますが、
家事・生活費の支払いはすべて自分で解決する必要があります。

かんたんに言うと、自己責任での行動になるということです。
ただし、どれだけ帰りが遅くなっても、気にする必要がありません。

続いて、遠距離通学です。
最大のポイントは、どういった通学経路なのか把握することです。

  • 時間に余裕を持って、交通機関を使えるか
  • 最寄り駅までのアクセスは問題ないか
  • 学校までのアクセスはスムーズなのか

これに尽きると思います。

最寄り駅が始発だったり、乗り換えが上手くいかない場合は、
遠距離通学は難しいと思います。

通学にかかる時間は重要ポイント

片道で3時間以上もかかるようなら、
毎日通学することは大きなストレスになると思います。

特に通学にかかる時間を気にしない人なら問題ないですが、
実家から無理なく通学できることが重要です。

課題やレポートを作成する時間を考えると、
通学にかかる時間はできるだけ縮めたいところです。

往復で6時間以上もかかる通学は大変なので、
一人暮らしを検討したほうがいいでしょう。

通学時間が原因で、学業がおろそかになっては意味がありません。

通学時間はせいぜい、往復で3時間が目安だと思います。

遠距離通学がダメだったら一人暮らしにする選択もある

遠距離通学で話を進めたい人は、
まずは期間を決めて通学してみるといいでしょう。

問題なく通学できれば、そのまま継続すればいいですし、
ダメだったら一人暮らしを検討すればいいと思います。

最終的に、自分が納得できる選択ができれば問題ありません。

おすすめは、学校が始まる前に
何度か通学を試してみることです。

そのほうがスムーズな選択ができると思います。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!