万が一に備えて防災拠点の確認を

一人暮らしで注意したいのが、防犯と安全の確保です。

無防備に生活をしていると、
空き巣に狙われることがあるので注意しましょう。

ここでは、安全に生活するためのポイントを解説します。

まずは防災拠点の確認と把握をする

新居から防災拠点までどれくらいかかるか?
防災拠点はいくつあるのか?

この確認と把握は絶対にしておきましょう。

いつ犯罪や事故に巻き込まれるかわかりません。
その時に防災拠点を知らないと、大変なことになります。

一人暮らしをスタートさせたら、
時間を見つけて周辺環境の把握をしてください。

防災拠点を見つけたら、そこまでのアクセスを覚え、
連絡先も調べてメモしておきましょう。

ネットでマップ検索すれば、防災拠点がわかるので
一度はその拠点まで移動してみることをおすすめします。

もっとも重要なのは交番の位置確認

何かあったときに、すぐに駆けつけられる存在。
それが交番です。

交番は地域にいくつもあるケースがあるので、
可能ならすべて位置確認をしておきましょう。

特に新居からもっとも近い交番の把握は重要です。

交番の位置、連絡先を知っていると、
安心感を持つことができます。

女性は防犯意識を高く持つ必要があるので、
必ず交番の位置を覚えておくようにしましょう。

男性は防犯に関してはあまり意識が向きませんが、
いつ何が起こるかわからないので、同様に位置を把握してください。

地震が起こったときの避難場所の確認

各地域には避難場所が設けられています。

地震や大規模な火災が起こったときに、
すぐに逃げられるように避難場所の確認をしておきましょう。

避難場所については、地域のホームページで確認できます。

どんな事態が起こっても、早急に対応できるように、
しっかりと防災拠点の把握をしてください。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!