隣人トラブルはあなたに原因があるかも?

些細なことが、隣人トラブルに発展することがあります。

快適な一人暮らしをするためにも、
マナーを守った生活をすることが大切です。

そこで今回は、隣人トラブルにならないためのポイントを解説します。

テレビやオーディオの音量は控えめに

隣人トラブルにもっともなりやすいのが騒音です。
特にテレビやオーディオの音量には注意が必要です。

自分では小さい音量で聴いているつもりでも、
外に漏れるような音量だったりします。

自分が聴いている音量を確かめる方法としては、
いつもの音量でテレビなどを流して、一旦部屋から出てください。

外からも明らかに聴こえてくる音量だった場合、
音が大きすぎる可能性があります。

物件の構造により、遮音性は一概に言えませんが、
部屋では聴き取れる音量に調整することが大切です。

常に生活音が出ないように配慮する

モノを落としてしまったり、動かしたりすると音が発生します。

自分では大したことがない音だと思っていても、
隣・階下に騒音として響いている可能性があります。

そこで以下の点に注意してください。

  • ドンドンと音を立てて歩かない
  • 荷物を投げたり、乱暴に置かない
  • ドアの開け閉めは静かに行うこと

ちなみにこれは部屋だけでなく、物件の廊下でも同様です。

また、神経質な住人がいることも踏まえて、
布団たたきも控えたほうがいいと思います。

住人と出会ったら挨拶をする

これは直接的な効果はありませんが、
住人と出会ったら挨拶をすることは大切だと思います。

住んでいる部屋と人物が一致したときに
「あの人は印象がいい人だな」と思われれば、隣人トラブルを予防できるかもしれません。

無愛想な態度はマイナスにしかならないので、
できるだけ挨拶はこまめにするようにしましょう。

ワンポイントアドバイス!

賃貸物件には何人もの住人が暮らしています。
暮らしているのはあなただけではありません。

他の住人に迷惑にならない生活をしましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!