バイトの給料だけで一人暮らしはできる?

一人暮らしをしているアルバイターはたくさんいます。
そのため、バイトで生計を立てることは可能です。

でも、気になるのは、
どれくらいの手取りが必要かという部分だと思います。

そこで、バイトで生計を立てるために必要な手取りについて解説します。

手取りは16万円がボーダーライン

まず、一般的な一人暮らしにかかる費用を見ていきましょう。

  • 家賃:60000円
  • 携帯代:8000円
  • 水道光熱費:10000円
  • ネット代:5000円
  • 食費:30000円(1000円/日×30日計算)
  • 雑費:30000円(1000円/日×30日計算)

以上を合計すると、143000円です。

数万円の余裕がある生活は必須なので、
最低でも16万円の手取りが必要になる計算です。

もちろん、それぞれの出費を抑えることができれば、
支払いは安くなるので余裕は出ると思います。

やはり支払いでネックになるのは家賃です。

できるだけ、家賃の安い部屋を選び、
無理のない生活をすることが大切です。

20日間のバイトでは生計を立てられない?

では、月に何日間バイトをすればいいのでしょうか。

時給900のバイトを1日8時間×23日とした場合、
900×8×23=165600円となります。
(※実際は所得税として数千円引かれます)

つまり、月に23日にバイトをすれば、
十分に生計を立てられることになります。

ただし、20日として場合、
900×8×20=144000円なのでマイナスになります。

時給が高ければ、働く日数を減らせますが、
逆に低い場合は日数を多く入れないといけません。

賄い付きのバイトで食費を浮かせる

飲食店でバイトをすると、賄いがつくことがあります。
この場合、食費を浮かせることができます。

また、深夜のバイトは時給が高めに設定されているので、
スケジュールが崩れないなら、深夜を選択するのもいいでしょう。

生活の助けになってくれるようなバイトをすると、
一人暮らしは厳しくないと思います。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!