荷物をダンボールに詰める際の注意点

引越しの際にどうしてもやらなくてはならないのが「荷造り」です。
普段から整理整頓が苦手な人には大変な作業ですよね。

お金に余裕があれば、
荷詰めから荷解きまでがセットになったお任せパックを頼めるのですが、
あまり余裕がない場合には、荷造りは自分でしなくてはなりません。

そんな人のために、
荷物の種類ごとに梱包方法と注意点を解説したので参考にして下さい。

安く引っ越したい方はこちら!無料の一括見積もりサイトへ

荷造り前のチェックポイント!

すぐには使わない物から荷詰めをしていく

  シーズンオフの洋服、来客用の布団、冠婚葬祭用のスーツなどから梱包していこう。

重い物を下側へ、軽い物を上側にする

  ダンボールに荷物を詰める際の鉄則です。逆はダメ!

箱の重さは自分一人でも持ち上がられる程度を上限とする

  無理をしようとするとギックリ腰など大ケガの元にもなるので要注意。

重たい物は小さなダンボールに詰め、軽い物は大きなダンボールに詰める

  本などはたくさん詰めると重くなるので、小さめのダンボールを使いましょう。

隙間には新聞紙などを詰めて箱の中で動かないようにする

  箱の中に隙間があると、荷物同士がぶつかって破損の原因となるので注意!

ダンボールの外側にラベルシール(またはメモ帳)などを貼っておく

  「誰の物」「中身」「ワレモノの有無」「逆さ厳禁」など、
  注意事項をダンボールの外側へ書いておくと便利。

引越し後にすぐ使用する物は専用のダンボールを作ってしまおう

  洗面用具、お風呂用品、最低限の洋服、食器類などは別に分けておくと便利。

本棚や冷蔵庫、ピアノ、ソファーなど、大型の家具類は引越し業者に任せる

  大型の家具の梱包はたいていの引越しプランに入っているはずなので業者に任せよう。

事前に用意しておきたい梱包資材一覧

ダンボール

  引越し業者、または近所のスーパーなどでもらうか、DYIショップなどで購入する。
  なお、重い物をつめる際は強度に注意。詳しくはこちらの記事へ。

ガムテープ<、布テープ

  もしはがした時に粘着物が残るのが嫌な場合は、若干高いが布テープの方が便利。

荷造り用のひも

  ビニールのヒモでもよいが、
  念のためビニール以外の丈夫なひもも用意しておいた方がよい。

油性マジック

  大きな文字が書ける太めの油性のマジックを、赤と黒の2色程度用意しておくと便利。

カッター、はさみ

  色々な場面で使うので両方用意しておくこと。

輪ゴム

  小物を束ねる時に便利。

軍手(すべり止めがあるもの)

  ダンボールなどで手を切ることもあるので、滑り止めつきの軍手があると便利

新聞紙

 箱詰めの際の緩衝材の代わりに使うので、1ヶ月くらい前からためておく。

ビニール袋(小〜大)

  大きさの違うビニール袋をあらかじめ用意しておく。

ぞうきん

  ぞうきんはたくさん使うので多めに用意しておく。(引越し当日に業者も使うため)

ふとん圧縮袋

  ふとんを運ぶ場合は圧縮袋があると便利。(ただし使えないふとんもあるので注意)

ドライバー

  分解する必要がある荷物のために、最低限の工具類は用意しておいた方がよい。

ラベルシール

  ダンボールの外側に貼るシールがあると便利。メモ帳を貼り付けてもOK。

荷物をダンボールに詰める際のコツ、注意点

割れ物の梱包方法

ガラスや陶器類などの割れ物を梱包する際は、
割れ物同士が接触しないように必ず一つずつ紙にくるみましょう。
食器類などがたくさんあると面倒ですが、
手を抜いてお皿を重ねた状態のまま梱包するのは危険です。

また、ダンボールの底にも新聞紙や緩衝材などを数枚敷き、クッション代わりに使います。
箱に詰める際は重い物を下にして、軽い物が上にくるようにしましょう。

そして箱の中で荷物がゆれないように、
空いたスペースに新聞紙などを丸めてつめておきます。
これをやっておかないと、輸送中に割れ物同士がゆれてぶつかって割れるので注意しましょう。

ダンボールの外側に「割れ物注意」と記載するのも忘れずに。

衣類の梱包方法

洋服などを箱詰めする際は、すぐには使わないオフシーズンのものからはじめましょう。
シワにならないように丁寧にたたみ、大きめのダンボールに詰めるのがコツです。

洋服はたくさんつめても重くならないので、大きな箱に入れた方が箱詰めが楽。

また、小さな箱だと折りたたむのが面倒なのであまり向かない。

スーツやジャケットなど、型崩れするのが嫌な衣類があれば、
ハンガーにかけたまま収納できるハンガーBOXという便利な箱があります。
引越し業者などに頼めば用意してくれると思うので声をかけてみましょう。

包丁の梱包方法

包丁のような危険物は、当然そのまま梱包しては危険です。
まずは余ったダンボールなどを適度な大きさにカットして、
2つ折りにする形で包丁の刃をくるみましょう。
そしてダンボールがずりおちないようにしっかりとガムテープなどを巻き付けます。

なお、箱詰めする際は柄(手で持つ部分)は見えていた方がかえって安全です。
紙袋や不透明なビニール袋などに無造作に入れておくと、
包丁だと知らずにつかんでしまってケガをするので注意しましょう。

中身が入っているビンの梱包方法

まだ中身が入っているビンなどを梱包する際には、
万が一中身がこぼれた時の被害を抑えるために、
1本1本ビニール袋にくるんでから梱包するようにしましょう。

少し大きめのビニール袋にくるみ、口をキツく縛ってから、
新聞紙などの緩衝材を巻きます。
もちろん、事前にフタがしっかりしまっているかも忘れず確認しましょう。

本、書籍類の梱包方法

本や書籍関係はそのままダンボールに詰めていくだけなので簡単ですが、
ひとつだけ注意点があります。

それは大きなダンボールは使わない、ということです。

本はまとめて持とうとするとかなりの重量になってしまうため、
他の荷物よりも一回り小さめのダンボールを使うようにしましょう。

また、強度が弱いダンボールを使うと、
ガムテープで補強しても底が抜ける可能性があるので、
引越し業者が用意したダンボールか、あるいは市販のダンボールを使うのがオススメです。

CDやDVD、ゲームなどの梱包方法

CDやDVDなどは本に比べると軽いので、たくさん詰めても持ち運びは可能です。
ただし、箱の中に隙間があると、揺れた際にCD同士がぶつかって割れる恐れがあるので、
ダンボールにつめる際は隙間ができないように新聞紙などでスペースを埋めましょう。

また、もし本などを一緒に詰める場合は、CD類が下にならないように注意して下さい。
本の下敷きになると重さに耐えられずケースなどが破損することがあります。

テレビ、オーディオ関係

テレビなどの電化製品は、見た目以上に振動や衝撃に弱いです。
したがって、出来れば購入時の箱や発泡スチロールなどを使って梱包するのがベストです。

すでに箱などを捨ててしまっているという場合は、
小さめの毛布やバスタオルなどでくるみ、
なるべく衝撃を与えないようにすることが大切です。

また、自分でテレビなどの配線が出来ないという人は、
各ケーブルを抜く際に、差し込み口とケーブルに、それぞれ目印をつけておきましょう。

どのケーブルが、どの差し込み口に刺さっていたのかが確認できればなんでもOKです。

貴重品について

現金、通帳、有価証券、小切手、キャッシュカード、宝石などの貴金属類は、
「標準引越運送約款第4条」によって、
引越し荷物の中に入れてはいけないことになっています。

これらの貴重品に関しては、引越業者も運送を拒否することができ、
万一トラブルになった場合でも責任を追求することは出来ません。

したがって、引越し当日も含め、貴重品はすべて自分で管理するようにしましょう。

観葉植物の梱包について

観葉植物などの梱包、運搬については、できれば引越業者に任せた方が良いでしょう。
素人がやろうとすると植物を傷めてしまう可能性が高いからです。

ただし、引越業者に頼む場合でも、
あくまで「荷物」として扱われることがほとんどなので、
運搬によって植物が受けたダメージ(例えば葉が落ちるなど)は保証されません。

中には植物も「生き物」として、運んでくれない業者もあるようです。

もし、どうしても植物が傷むのがいやならば、
植物の運搬を専門でやっている業者に相談してみましょう。

(補足)ダンボールの組み立て方について

最後に、ダンボールを組み立てる際の注意事項を書いておきます。

まず、ダンボールを組み立てる際に、
ガムテープなどを使わず、底を交互に織り込んで組み立てるのは厳禁です。
強度がまったく足りないので、途中で荷物が落ちる可能性が高いからです。

また、ガムテープを使って組み立てる際も、
箱の中心に一回と、箱の両端に二回ガムテープを貼って止めるやり方はNGです。

ダンボールを組み立てる際は、箱の中心で十時になるようにテープを貼りましょう。
これが一番強度が高くなるやり方なので、引越し業者でも採用されている組み立て方です。

無料の一括見積もりサイトへ