引越しシーズンの3月に料金を値切るのは難しい!

ご存じのように、一年間でもっとも引越しが多い季節が3月です。

年度末ということで、学生・社会人ともに一斉に引越しを行いますので、
まさにこの時期は引越し業者にとってはかき入れ時ということになります。

すると当然、需要と供給の関係で3月の引越しは料金は割高になってしまいます。
なんとかして少しでも安く値切りたいところですが・・・

結論から言えば、3月は値引き交渉が非常に難しいと言えます。

季節によって180度違う引越し業者の対応

引越しにかかる費用というのは、荷物の量と移動する距離で大枠が決まり、
あとはそこに引越し業者側の利益がどれくらい乗るかで全体像が決まります。

引越し業者側としては、もちろん出来るだけ多く利益を取りたいところでしょうが、
今はインターネットで簡単に見積もりが比較できる時代なので、
どこの業者もギリギリまで利益を削って、激しい客取り合戦を行っています。

そのため、引越しシーズン以外なら、かなり高い確率で値引き交渉ができます。
なぜなら、値引きに応じなければ別の業者へ引越しを依頼すればいいだけだからです。

しかし、これが年間でもっとも忙しい3月になると話がまったく違ってきます。

引越し業者側としては、別に無理に値引きに応じなくても仕事には困っていないので、
できるだけ多く利益を取ることを優先して、値引き無しの金額を提示してきます。

このような状態で料金を値切ろうとしても、成功する確率はかなり低いです。

実際に、過去に同じ業者に対して、
3月と5月に引越しの見積もりを依頼したことがありますが、
その時の対応は、ほとんど真逆と言っていいほど違っていてびっくりしたことがあります。

その時は3月の引越し料金があまりにも高かったので、結局5月に延期しました。

見積もりに来た人は別の人でしたが、それにしてもかなり対応が違っていてびっくりしました。
ちなみに、料金で言えば3月の方が約1.8倍ほど高い見積もりでした。

少しでも安く引越ししたいなら、一括見積もりで安い業者を探せ!

もしどうしても3月の引越しで値切りたいというのであれば、
「引越しの開始時間」を一番最後にしてもらって、
夜スタートでもOKという条件にすれば、あるいは値引きが可能かもしれません。

ただし、3月の引越しというのは本当に戦場さながらの忙しさなので、
朝一番の引越し以外は、時間通りに業者がやってくる方が少ないくらいです。

そんな時期に「一番最後にスタート」という条件を付けてしまったとしたら、
冗談抜きで何時に始まるかわからないので、その点は重々覚悟しておきましょう。

もしこの条件が厳しいと思うならば、安く引越しをする方法はたぶん1つだけです。

それは、値切り交渉自体は最初からあまり期待せずに、
引越し料金の一括見積もりサービスを使って、少しでも安い業者を選ぶということです。

いくら忙しい引越しシーズンとはいえ、業者ごとに多少の料金差はあるので、
それをちゃんと調べて、できるだけ安い業者に依頼するしかありません。

幸い、今はインターネットの見積もり比較サービスを使えば、
多くの業者を簡単に比較できるので、
その中から一番安い業者を選んで、3月の引越しを乗り切りましょう。

ちなみに、引越し業者への予約はできるだけ早めにした方がよいです。

3月に入ってからだと、どこの業者も予約が一杯になってしまって、
いくらお金があっても引っ越しできない・・・なんてことになりかねないからです。

無料の一括見積もりサイトへ

※早く見積もり請求をするほど値引きできる可能性は上がります。詳しい「値切りのコツ」はこちらのページへ。