3月の引越しは1年で一番高い

同じ引越し内容でも、繁忙期と呼ばれる時期の引越し料金はかなり高くなります。
中でも3月は1年のうちでも最も引越し料金が高くなる時期なので注意が必要です。

大まかな感覚では、通常料金の1.5〜2倍近くの料金がかかってしまうので、
できればこの時期をはずして引越しを計画するのがベストです。

また、もし引っ越しを少し後にずらせるのであれば、
4月の中旬以降に引っ越しを行うというのも一つの手です。

4月の引越し料金は高いのか?

3月を過ぎて4月に入れば、基本的には引越し料金は通常価格に戻ります。

ただし、まだ春休みが続いている4月の上旬までは、
新入生や新社会人の引越しも続くため、
場合によっては3月と同じくらいの料金になることがあるので注意しましょう。

時にはたった数日の差で、引越し料金が大幅に下がることもあるので、
4月以降に入ってから引越す人は、事前に業者側と良く打ち合わせをしましょう。

例えばですが、とりあえず身の回りのものだけ持って一度新居に移り、
料金が安くなる日にあわせて本格的な引越しをする、というのもひとつのアイデアです。

3月を避けて引越した方がよいもう一つの理由

3月は1年で最も引越し業者が忙しい時期です。
どの引越し業者も、作業員やトラックがフル回転で作業にあたります。

そのためアルバイトなどの一時的な作業員が増えるのも、この時期の特徴です。

こうしたアルバイトの作業員は、
春休み中の学生など引越しのプロでないことがほとんどです。
そのため作業が雑だったり、思わぬ事故が起きる場合もあります。

せっかく高い料金を払っているのに、作業の質自体は下がっている可能性があります。
その意味でも、できれば3月の引越しは避けた方が良いでしょう。

どうしても3月に引越しをしなければならない人は、
大切な荷物や家具の梱包は厳重に行うことはもちろんですが、
引越し当日は作業責任者に注意を促すなど、いつも以上に気を配ることが大切です。

無料の一括見積もりサイトへ

※早く見積もり請求をするほど値引きできる可能性は上がります。詳しい「値切りのコツ」はこちらのページへ。