月末月初の引越しは早めの予約がポイント

月末月初は、土日祝日などと同じく引越し業者が混み合う時期です。
この時期に引越しを希望しているなら、早めに引越し業者を予約する必要があります。

ただし混み合う時期の予約は、割引してもらえる可能性が低くなります。

引越しをとにかく安く済ませたいという人は、引越し業者の都合に合わせることで、
値引き交渉がしやすくなるので、空いている日を聞いてみても良いでしょう。

なぜ月末・月初の引越しは混み合うのか?

賃貸住宅に住んでいる場合、家賃は前月末に支払うことが原則です。
実はこのことが、月末月初の引越しの混雑につながっています。

最近は家賃を日割り計算してくれる大家がかなり増えていますが、
中には月の途中で引越しをすると家賃の何日分かを損するケースもあります。

また、家賃のことは抜きにしても、
やはり切りよく月末で引越ししたいと思う人が多いのも事実です。
そのため月末になると引越しをする人が増える傾向にあるのです。

さらに、こうした月末引越し希望者が予約を取れなかった場合、
翌月の月初になってから駆け込みで引越し予約を取る人が増えます。

そのため月初になってもしばらくは引越し業者は混み合っていることが多くなります。

一括見積もりサービスを使って空いている業者を探そう

月末月初や土日祝日は、一般的には引越し業者が混み合う時期なので、
どうしても月中の平日などに比べると料金は高めになる傾向があります。

しかし、だからといってすべての引越し業者が混み合っているとは限りませんので、
一括見積もり比較サービスなどを使って安い業者を探すことが大切です。

要するに、引越し料金というのは業者側のスケジュール次第で変わるので、
運良く空いている業者があれば、月末月初などでも安くしてくれる場合があるからです。

インターネットを使って見積もりを取れば、ほんの数分で安い業者が見つかるので、
どうしても月末月初に引っ越さなければならない場合は、早めに問い合わせてみましょう。

無料の一括見積もりサイトへ

※早く見積もり請求をするほど値引きできる可能性は上がります。詳しい「値切りのコツ」はこちらのページへ。