新居前の道幅や、新居の階数などを事前にチェックしておこう

正式な見積もりを取る際には、実際に引越し業者を家に呼び、一度下見に来てもらいます。

その際、引越しの経験がない人だと、
「一体どんなことを聞かれるんだろう?」って少し不安に思いますよね。

基本的には、荷物の量やどんなパック(コース)を選ぶかを確認するだけなのですが、
いくつか事前に調べておいた方が良い点があるので紹介します。

新居前の道路(道幅)はどうなっているか?

引越しの際にはトラックを使って荷物や作業員を運びますので、
新居の前の道がどうなっているかは必ず聞かれます。

もし新居前の道が細く、トラックが入っていけないような場合には、
少し離れた場所にトラックを止めて、荷物を手作業で運ばないといけないからです。

もしそうなった場合は、作業員の数が増えるので見積金額が上がります。

新居の前の道幅がかなり狭くなっていたり、
あるいは急な坂道の途中にあって車が止めにくい場合などは、
あとでトラブルにならないように必ず事前に伝えておきましょう。

新居の階数、エレベーターの(有無)

次に、新居の階数(何階建ての何階に住むのか?)と、
新居にエレベーターがあるかどうも必ず聞かれます。

これも作業員の数などを決めるのに関わってきますので、
あらかじめエレベータの有無や大きさなどを調べておきましょう。

エレベーターの大きさについては、
特別小さくない限りはおおまかなサイズで大丈夫ですが、
もし自分の荷物の中に、大きめの家具がある場合は注意が必要です。

エレベーターに乗せて運べるサイズなのか、
それとも窓からつり上げて運び入れるのかで作業内容が変わるので、
大きいサイズの家具がある場合は事前に業者側に確認を取りましょう。

荷詰め、荷ほどきはどこまでやるか?

これはどんなタイプの引越しパック(コース)を選ぶか、という質問ですね。

荷物の詰め込みや荷ほどきなどは全部自分でやり、
輸送だけを引越し業者に依頼するのが一番安い引越しパックです。

一方で、荷詰めから荷ほどきまでを、すべて業者に頼むともちろん高くつきます。
この辺はお財布との相談となりますので、業者と相談の上で決定しましょう。

ちなみに、エアコンやピアノなど一部の荷物には別料金がかかるので注意しましょう。

荷造り用のダンボールは必要か?

最近では、ほとんどの業者が荷造り用のダンボールを事前手配してくれます。

大体何個くらいあれば良いかということを聞かれますので、
業者と相談した上で、少し多めにもらっておくと良いでしょう。

仮にダンボールが余ったとしても、
引越し当日に業者に返却すればよいので問題はありません。

貴重品の有無と、運べないものの確認をしよう

現金や宝石、貴金属の類、およびガソリンやオイルなどの危険物については、
引越し業者側でも運ぶことができないので、この点についても必ず説明を受ます。

その際、一点で数十万円を超えるような高額な荷物がある場合には、
特別料金の保険をかけるかどうかを確認する必要があります。

業者によって、保険金の上限額や保証条件などが変わる場合がありますので、
何か心配なことがある場合は詳しく確認をしておきましょう。

冷蔵庫の電源は前日のうちに抜いておく

下見の際に引越し業者から言われることの中で、
ついつい忘れがちになってしまうことがあるので最後に書いておきます。

それは、「前日の夕方までに冷蔵庫の電源を抜いておく」ということです。

普通に暮らしている中では、冷蔵庫の電源を抜くことは滅多にないので、
ついつい忘れてしまいそうになってしまいますよね。

ただ、冷蔵庫の中には氷(霜)や水がたまっていたりする場合があるため、
移動させる前には、電源を抜いてしばらく放置する必要があるのです。

といわけで、前日の夕方までには冷蔵庫の中身を空っぽにして、
忘れずに電源を抜くようにしましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!