意外と大変な「自力」での引越し

一人暮らしの場合や、引越し先がすぐ近所の場合には、
引越し業者などを使わずに自分たちでやろうと考える人もいると思います。

確かに、業者に予約を取るのは面倒だし、
それなら数人の友達を呼んでささっとやってしまいたい・・・そんな気にもなりますよね。

しかし、実は「自力で引越し」というのは思いのほか大変なんです。
やったあとで後悔しないように、事前によく考えてから決断しましょう。

下記に自分で引越しを行う場合のメリットとデメリットをまとめたので、
どうしようか迷っている人は参考にして下さい。

自分で引越しをする場合のメリット・デメリット

自分で引越しする場合のメリット

  • 費用が抑えられる(※)
  • 好きな日時が選べる
  • 面倒な業者の予約が不要

自分で引越しする場合のデメリット

  • × レンタカーの準備が必要
  • × 意外とお礼が高くつく場合もある
  • × 荷物が傷む可能性が高い
  • × トラブルが起きた場合の保証がない
  • × 体力的に疲れる、また意外と気疲れする
  • × 天気が悪かった場合がツライ!

以上が大まかなメリットとデメリットです。
では、各項目についてもう少し詳しく解説していきます。

「自力で引越し」にはこんなメリットがあります

費用が抑えられる(※場合によってはデメリットにもなる)

まずメリットとして真っ先に思い浮かぶのが、
「引越し料金を抑えられる」という点です。

確かに業者を使わないで済むので、
できるだけお金を使いたくないという人には向くかもしれません。

ただし、この点については注意が必要です。
というのも、下手をすると業者よりも高くつく可能性があるからです。

自力で引越しをする場合、主にかかる費用というのは、

  • 手伝ってくれる友人への謝礼
  • 荷物運びに必要な車(レンタカー)の用意

の2点です。

他にも梱包材などの雑費が多少かかりますが、
主な経費として挙げられるのは上記の2点でしょう。

もし、この2つが安く用意できるなら自力での引越しも有りです。
しかし、その当てがない場合には注意が必要です。

下手をするとこの2点だけで数万円程度はかかってしまうため、
引越し業者の単身プランを頼むのと、そう大差がない場合もあるからです。

好きな日時が選べる

これも自力で引越しをする際のメリットの一つですね。

曜日や時間、作業ペースなどを全部自分たちで決められるので、
堅苦しいのが嫌いという人には大きなメリットかもしれません。

しかし、一つ注意が必要なのは、
協力を頼む友人が、すでに社会人になっている場合です。

学生の間であれば比較的曜日の都合などはつくかもしれませんが、
自分を含めた周りの人間がみんな社会人の場合は、
むしろ業者よりも友人たちの日程調整の方が難しい場合もあります。

この点については、なるべく早めに確認するようにしましょう。

面倒な業者の予約が不要

業者に予約をするのは何かと面倒なものです。

下見に来てもらって見積もりを出したり、
契約のために契約書を書いたりしなければならないからです。

その点、友人に頼むのは気が楽なのでメリットの一つと言えるでしょう。

「自力で引越し」にはこんなデメリットがあります

レンタカーの準備が必要

自分で車を持っていない場合や、
あるいは車が小さい場合にはレンタカーが必要となります。

仮に、ハイエースなどの大きめの車種を一日借りたとすると、
大体15,000〜20,000円程度がレンタカー代として必要となります。

上記に加え、ガソリン代もかかるので注意しましょう。

また、土日などにレンタルをする場合には、
ある程度早めに予約を入れないと埋まってしまう場合もあるので注意しましょう。

友人へのお礼が意外と高くつく場合もある

ここが「自力で引越し」の一番難しい点かもしれませんね。

例えば友人へのお礼が、食事一回程度の金額ですむなら良いのですが、
一人ひとりに「日当」としてそれなりのバイト代を支払ったとすると、
実はそれだけで引越し業者代に近い金額が必要になる場合もあります。

ここは友人との交渉次第なのですが、
はっきり言って引越しというのはかなりキツイ重労働です。

その点をよく考えた上で友人へのお礼を考えないと、
人間関係のトラブルを招きかねないので注意しましょう。

壁や荷物が傷む可能性が高い

素人だけで荷物の搬出・搬入を行う以上、
壁や荷物が傷む可能性は非常に高いと考えて下さい。

特に冷蔵庫や洗濯機、食器棚などの重たい荷物を運ぶ際は、
ついつい持ち上げるのが大変で床を滑らせてしまいがちです。

あとになって床に擦り傷ができていることに気づいても遅いので、
引越しの際は心を鬼にして「荷物は持ち上げて運んで!」と声をかけましょう。

もちろん、壁紙などもこすってやぶかないように気をつけて下さい。

トラブルが起きた場合の保証がない

自力で引越しをした場合、
万一荷物破損などのトラブルがあった場合でも、一切保証は利きません。

これは非常に重要なポイントです。

引越し会社を利用している場合は、金銭的な保証が受けられますが、
友人達と一緒に自力でやっている場合には、すべて「自分の責任」となります。

特に注意しなければならないのは、
「友人のせいには出来ない」ということです。

仮に荷物を落として壊してしまったのが友人であっても、
こちらは引越しを手伝ってもらっている立場なので、強く抗議は出来ません。

また、万一液晶テレビやパソコンなどの高額なものを壊してしまった場合には、
弁償問題によって友人との仲にトラブルが起こってしまう場合もあります。

ですから、自力で引越しを行う場合には、
万一トラブルが発生した場合は、すべて自分の責任だと諦める覚悟をしておきましょう。

体力的に疲れる、また意外と気疲れする

もっともわかりやすいデメリットは、「疲れる」ということです。

一度やってみればわかると思いますが、
自力での引越しは肉体的にも精神的にも非常に疲れます。
特に、手伝ってくれる友人への気配りが以外と大変です。

業者なら何も言わず黙々と作業をしてくれますが、
友達に手伝いをお願いする場合は、場の雰囲気を盛り上げるのも自分の役目です。

友人達に気を遣いつつ、自分でも引越しの重労働をこなし、
さらに引越しが終わったあとには荷物整理が待っている・・・。

そんなハードな労働に耐える必要があります。

天気が悪かった場合がツライ!

最後にひとつ、自力で引越す場合の大きな落とし穴を紹介します。
それは、「引越し当日の天気が悪かった場合のツラさ」です。

万一、引越し当日に雨が降ってしまった場合、
雨に濡れながら重たい荷物を出し入れしなければなりません。

自分たちの身体が濡れるのはもちろんのこと、
荷物も少なからず塗れてしまう可能性が高いです。
これは素人にとってはものすごく大変な作業になるでしょう。

場合によっては、最初に予定していたよりも多めに、
友人への謝礼を支払う必要も出てくるので、天気には十分注意を払いましょう。

もし自力で引っ越すならどんな場合がいいの?

以上のように、自力での引越しというのは意外と大変なものです。

私の周りにいる経験者に尋ねてみても、

「なんだかんだいって業者に頼んだ方が楽だった(安かった)」

という感想の人が多いくらいなので、
もしこれから引越しをしようと考えているならば、十分注意して下さい。

ただし、中には自力での引越しがさほど苦にならない場合もあります。
それは「初めての一人暮らしをする場合」か、
または「引越し後も旧居が残っている場合」です。

まず、初めて一人暮らしをするという場合には、
冷蔵庫や洗濯機など、ほとんどの家具を新調することになると思います。

そのため、引越しの際に持ち運ぶ荷物はそこまで多くはないと思うので、
わざわざ業者を呼ばなくても案外簡単に引越しが終わります。

また、何らかの理由で「引越し後も旧居が残っている場合」であれば、
無理に一日で引越しを完了させる必要はありませんので、
空いている時間を利用して、少しずつ荷物を移動させることが出来ます。

このような状況であれば、業者を呼ばず自力で対処することも可能ですが、
それ以外の場合においては、十分な注意が必要だということを覚えておきましょう。

まとめ:結局オススメなのはどっち?

自力で引越しする場合のメリットやデメリットを詳しく解説しましたが、
「結局オススメなのはどっちのなの?」という人のためにあえて答えを書くと、

答え:引越し業者に頼んだ方がたぶん楽(笑)

というのが管理人の意見です。

正直な話、自力で出来る範囲の引越しなら業者に頼んでもそんなに高くならないので、
わざわざ慣れない作業を自分でやることのメリットがあまり感じられないからです。

友達などに気を使うのも何だかんだで大変ですしね。

というわけで、もし自力で引越しをしようかどうか迷っているならば、
まずはこちらの一括見積りで、大手の引越し業者に見積もりをとってみましょう。

その中で一番見積もりが安いところの料金を確認して、
どうしても納得がいかないという場合だけ、自力での引越しを考えればいいと思います。

無料の一括見積もりサイトへ

※早く見積もり請求をするほど値引きできる可能性は上がります。詳しい「値切りのコツ」はこちらのページへ。