申し込む月によって値段が変わるって本当?

1年のうちで最も引越しが多い時期は、ご存じの通り3月です。

多くの人が4月から新しい生活をスタートさせるために、
3月中にこぞって引越しをするためです。

すると当然、引越し業者にとっても3月は「繁忙期」となるため、
年間を通しても、引越し料金が一番高くなってしまう時期となります。

3月は値切り交渉が通用しないのでどうしても高くつく

もともと引越しの料金の大枠は、
移動する距離とトラックの大きさなどで計算されることになっていますが、
それはあくまでも基本料金としての部分に過ぎません。

実際には、業者ごとの利益幅などによって金額が上下します。

したがって、見積もり段階で業者側と上手く交渉が出来れば、
場合によってはかなり大幅な値下げも不可能ではありません。

上手な見積もり方法についてはこちらの記事をどうぞ。

しかし、残念ながら3月の引越しでは話が違ってきます。

もともと3月は引越しをしたい人がたくさん溢れていますので、
引越し業者側としては、無理に値引きをしなくても客には困らないからです。

つまり、この時期は引越し業者側との値引き交渉が出来なくなるため、
結果として、3月の引越し料金は他の月に比べて大幅に高くなってしまうのです。

これは以前の引越しの際、実際に引越し業者から聞いた話ですが、年間で一番忙しい3月は、他の暇な月に比べて倍近く金額が上がることもあるそうです。

引越し業者が暇な時期を狙おう!

逆に、引越しのピークが過ぎたあとの4月後半や5月などは、
引越しを希望する人が少なくなるので、業者側も手が空いた状態になります。

このような時期であれば、業者側は多少値引きをしたとしても、
なんとかお客さんをつかまえたいと考えているはずなので、
私たちにとっては値引き交渉がやりやすく、「安く引越しが出来る時期」となります。

3月以外にも、年末(12月)は引越しが多く業者側が繁忙期となるため、やはり他の月に比べて料金が高くなる傾向があります。

また、もう少し細かい単位で料金を見てみると、

  • 月末および月初は比較的料金が高い
  • 平日よりも土日の方が料金が高い
  • 午後便よりも午前便の方が料金が高い

などといった傾向があります。

どれも業者側の立場で考えてみれば、「なるほど」と納得できる条件と言えますね。

無料の一括見積もりサイトへ

※早く見積もり請求をするほど値引きできる可能性は上がります。詳しい「値切りのコツ」はこちらのページへ。