今住んでいる家と、新居の前の道幅を確認しておこう

引越し料金は色々な要素で増減しますが、
意外なところでは、新居周辺の道路環境なども影響してきます。

具体的には新居周辺の道路の道幅や、交通規制がないか、などです。
引越し業者に見積もりと頼むと、必ずこうした道路環境も聞かれるでしょう。

特に大型トラックを利用した引越しでは、トラックが進入できるかどうかで、
引越し料金も大きく変わるので、新居の下見の際には忘れずにチェックしましょう。

まずは家の前の道幅を確認しよう

引越し業者を利用する場合、業者は必ずトラックを使うので、
新居前の道路にトラックが入れるかどうかを確認する必要があります。

例えば一人暮らしの引越しでは、通常2トントラックを利用します。
2トントラックの場合は、乗用車が通れる道幅があれば基本的には入れるはずです。

一方ファミリーの引越しになると、4トン以上のトラックを利用するケースが多いです。
4トントラックを利用する場合には、道幅は3mは欲しいところです。

もしそれ以下の道幅しかない場合は、2トントラックを2台頼むことになり、
その分作業員も増えるので引越し料金が高くなる可能性があります。

一方通行ではないか? また交通量はどのくらいか?

トラックの進入に道幅が足りていても、目の前の道が一方通行だったり、
または交通量が多い道に面している場合は、駐車スペースが取れない事もあります。

新居前にトラックを停められない場合は、
少し離れた場所にトラックを停めて、人の手で荷物を運ぶことになります。

そうなると作業員の数が多くなってしまい、また搬入にも長時間かかるため、
やはり通常よりも引越し料金が高くなってしまうのです。

なお、これはもちろん今住んでいる家の前の道幅にも同じことが言えます。

旧居の場合は引越し業者が見積もりの際に確認してくれますが、
新居については依頼者の責任で確認する必要があります。

引越し当日にトラブルにならないように、事前に必ずチェックしましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!