万一トラブルが起きた時のためにも契約内容を確認しよう

引越し業者を利用して引越しをする場合には、
必ず「見積書」を確認してから契約することになります。

その際、引越しに慣れていない人だと、
書かれている内容についてよく確認をしないまま、
業者側の促すままにサインをしてしまうこともあると思います。

最終的に何もトラブルが起こらず引越しが終わればこれでも良いのですが、
万一トラブルが起きた場合には、確認不足のせいで思わぬ損をする場合もあります。

というわけで、引越し業者に正式な依頼をする場合には、
以下の点に注意しながら見積書の最終確認を行って下さい。

「概算見積もり」と「正式見積もり」がある

注意事項の説明に入る前に、
まず「概算見積もり」と「正式見積もり」の違いについて説明します。

「概算見積もり」というのは、その名の通り大雑把な見積もりのことで、
ネットでよく見かける「一括見積もり請求」をした場合に届く見積りのことです。

この段階では細かな条件などは考慮されていませんので、
最終的な金額とは大きくズレる可能性もあるので注意しましょう。

「概算見積もり」は、あくまでも候補となる業者を絞り込むためのものです。

最終的な見積もりは、家を下見してもらってから

上記の「概算見積もり」を見て、候補となる業者がいくつか見つかったら、
今度は実際に業者を家に呼んで、詳細な見積もりを出してもらいます。

これが「正式見積もり」と呼ばれるものです。

この「正式見積もり」で提示された金額が、
実際の引越し料金となりますので、下記の点について確認を行いましょう。

ちなみに、一般的な引越し業者の場合、「見積もり書」の他に「家財チェックリスト」と「標準引越し運送約款」を渡してくれます。

万一「標準引越し運送約款」が無い場合は、不法業者の可能性があるので注意して下さい。

要確認!見積書のチェックポイント

運賃、および料金について

当日作業に来る作業員の人件費や、トラックの運賃などが記載されています。
時間制運賃か距離制運賃かによって変わってきますので、
どのような料金体系になっているかを確認しましょう。

また、当日「何トンのトラックが何台来るのか?」、
「作業員が何人来るのか?」なども確認しておいた方が安心でしょう。

梱包用に資材について

荷物を運ぶ際に使う資材などの費用が書かれています。
一般的な業者の場合は、「ダンボール」「布テープ」「エアーキャップ」など、
実際に使う資材が細かく項目分けされ、料金が書かれています。

逆に、ここが「資材一式」などとなっていて、細かな項目が書かれていない場合には、
料金を多めに見積もっている可能性があるので注意しましょう。

確認事項について

荷造りや荷解きをどこまでやるか、大型家具はどうするのかなど、
「どの作業を、どこまで引越し業者がやるのか」を項目ごとに確認しましょう。

項目に含まれていないサービスを当日頼もうとすると、
追加料金が発生したり、あるいは断られる事もあるので注意しましょう。

オプションサービスについて

通常の引越し作業とは別に、何かオプションサービスを頼んだ場合には、
そのオプション代金が見積もりに含まれているかを確認しましょう。

場合によっては、オプション部分だけ別に請求されることもあるので注意が必要です。

国土交通省の認可番号

国土交通省の認可を受けているかどうかを確認するための番号です。

通常の引越し業者なら必ず記載されているはずです。
万一無かった場合には、不法業者の可能性があるので注意しましょう。

その他の確認項目

見積書ではなく、別の書類に記載されているかもしれませんが、
「キャンセル料」と「保証条件」についてもしっかり確認を行いましょう。

一般的にキャンセル料は

  • 引越し当日の前々日までは無料
  • 前日の場合は見積書の運賃額の10%
  • 当日の場合は見積書の運賃額の20%

となりますが、念のため他の条件が付与されていないか確認します。

また、万一荷物の破損や紛失などのトラブルが起きた場合に、
どのような保証が適用されるかを確認しておく必要があります。

この部分の確認を怠っていると、
いざトラブルが起きた場合に困った事になるので注意して下さい。

「引越しにトラブルはつきもの」という言葉があるくらい、
引越し時には予想外の出来事が本当によく起こります。

「自分だけは大丈夫だ」などと考えずに、
いざという時のために、保証条件の確認は必ず行いましょう!

必ず3社以上に正式見積もり申し込んで比較しよう

最後に、見積もりを取る際のコツをひとつ紹介しておきます。
それは、必ず複数(最低3社以上)の業者から正式見積もりを取るということです。

なぜかというと、「正式見積もり」で提示される金額というのは、
あくまでも「業者側が最初に提案してきた金額」であって、
まだ確定金額ではないからです。

したがって、多少面倒でも複数の業者に見積もりを取ることで、
業者間の値引き競争が始まって、
最終的にかなりの割引が受けられる可能性が高いからです。

このように複数の業者を比較することを「相見積もり」と言います。

相見積もりをやるのとやらないのとでは、
最終的な確定金額に大きな差が生じますので、
「正式見積もり」は絶対に複数の業者から取るようにしましょう。

 →参考:引越し費用を安く抑えるための値切り方特集はこちら

無料の一括見積もりサイトへ

※早く見積もり請求をするほど値引きできる可能性は上がります。詳しい「値切りのコツ」はこちらのページへ。