引っ越し料金を値切る時に大事なのはこの2つ!

引っ越し料金を少しでも安く抑えたければ、
引越し業者側と交渉して、可能な限り料金を値切ることが必要になります。

さてこの時、上手く値切るためにもっとも重要な事はなんでしょうか?

それは「即決をしない」「複数業者を比較する」という2つのルールです。

初回の割引は「本当の割引」ではないと思え!

引越し業者と交渉したことがある人ならわかると思いますが、
引っ越し料金というのは、多少「値引きして欲しい」という希望を出せば、
意外とすんなり値引き出来てしまうことが多いです。

しかし、これは引越し業者側からすれば「想定の範囲内」であって、
実質のところは、あまりお得な交渉にはなっていないのです。

本気で相場価格よりも安い料金で引っ越しを行いたいならば、
初めて業者が下見に来た日に、その場で即決してはいけません。

もし「今即決してくれれば安くしますよ」と言われてもです。

先ほど書いたように、引越し業者の初回分の割引というのは、
向こうも「あって当たり前」という認識できていますので、
むしろ割引分が上乗せされた状態で標準価格が設定されている・・・

くらいの認識でいた方がよいと思います。

それを知らずにその場で勢いに負けて契約をしてしまっては、
お得な料金での引越しは絶対に出来ないので注意しましょう。

最大の値切り交渉術は「ライバルとの比較」!

もうひとつ、引っ越し料金を値切る時に重要な事は、
必ず複数の業者に対して見積もりを取り、お互いに競わせるということです。

これをやるかやらないかで、引っ越し料金は倍以上も違ってくるケースがあります。

基本的に、引越しというのは一回やったらもう(当分は)必要ないものなので、
どの引越し業者も、その「たった一回」を奪い合うのに必死になっています。

だからこそ、ライバルの業者が自分たちよりも安い金額を提示したとなれば、
必ず向こうから「もっと安くしますよ」という提案をしてくるはずです。

特に、最近では引越し業者の比較をするのはむしろ当たり前になりつつあるので、
変に遠慮せずに、ズバリ「●●社はもっと安い見積もりでしたよ」と伝えた方が、
向こうも具体的な金額を提示しやすくなって話がスムーズに進みます。

最終的にどの業者が一番の安値を提示してくるかはわからないので、
絶対に初回の交渉時に即決するのだけは避けましょう。

本気で安く料金を抑えたければ、多少面倒で時間がかかってでも、
即決はせずに何回か交渉を重ねて粘り強く値切るべきだと思います。

値切り方の詳細についてはこちらの記事でまとめていますが、
一応簡単な流れだけ再確認しておくと、

  1. 一括見積りサービスなどを使い、複数の業者から簡易見積もりを取る
  2. その中から安い業者を数社選び、家に呼んで下見をしてもらう
  3. 各社の正式見積もりを出してもらった上で、ライバル業者の最安値を伝える
  4. 最終的にもっとも安値を提示してくれた業者を選ぶ

というのが基本的な流れです。

ここまでやると多少時間はかかってしまうので面倒ですが、
その分引っ越し料金を値切れる確率は非常に高くなります。

場合によっては、最初の見積額の30〜50%OFFの値引きも可能なので、
時間に余裕があって、少しでも安く引越ししたいという人は、必ずやりましょう。

無料の一括見積もりサイトへ

※早く見積もり請求をするほど値引きできる可能性は上がります。詳しい「値切りのコツ」はこちらのページへ。