自分にとってベストな業者を選ぶためのポイントは?

日本中にたくさんある引越し業者の中から、
作業内容や引越し費用が一番お得なところを選ぶにはどこが重要でしょうか?

ここでは良い引越し業者を選ぶの際の3つのポイントを解説します。

1.必ず複数の業者を比較すること

まず絶対にやらなければならないことは、
複数の業者を比較して相見積もりを取ることです。

これを面倒だといってやらない人がたまにいますが、
はっきりいって大損していると思った方が良いです。

たった一つの業者にしか見積もりを取らなかった場合と、
複数の業者を呼んで見積もりを比較して見た場合とでは、
大げさな話ではなく、引越し費用が倍以上違ってくる場合もあるので注意して下さい。

確かに何回も業者に対して見積もりを依頼するのは面倒かもしれませんが、
このような一括見積もり請求サイトを使えば、
実はあっという間に手続きは終わってしまいます。

たったこれだけのことをやるかやらないかで、
引越し金額が何万円も変わってくるとしたら・・・
さすがにこれは、「やらなければ絶対に損だ」と言えるでしょう。

2.実際に下見に来てもらい、その場で細かく質問すること

また、より良い業者を選ぶためには事前の「下見」は欠かせません。

まれに引越し業者の下見を面倒だと思って断ろうとする人もいるそうですが、
これは絶対にやってはいけないことです。

面倒でも必ず家に下見に来てもらって、気になることは細かく質問しておきましょう。
これをやっておかないと、
引越し当日に追加料金などが発生してトラブルになる可能性もあるからです。

「見積もりには書いていない追加料金を請求された」などのトラブルは、実際に家に下見に来てもらわず、電話やネットだけで見積もりを取ることが原因の一つです。

また、引越し業者によっては、明らかに下見の際の態度が悪いところもあるので要注意。
比較的もうかっていて忙しい業者の場合は、
ちょっと偉そうな態度に出ることもしばしばあります。

そういった業者の場合は、
「別に無理してうちに頼まなくていいよ」というのが態度に出ますし、
実際に頼んだとしても、かなり忙しい中でスケジュールを組んでいるはずなので、
丁寧な作業はあまり期待できないと思った方が良いでしょう。

といわけで、面倒でも必ず一度は家に下見に来てもらって、

  • どれくらいの費用になるのか?
  • 何人くらいの作業員がやってくるのか?
  • 荷詰めなどはどこまでやってくれるのか?
  • 万一荷物が破損した場合はどうしてくれるのか?
  • 万一キャンセルしたくなった場合はどうなるのか?
  • 追加料金が発生するケースはどんな場合か?

などをしっかり確認しておきましょう。

ちなみに、何回か引越しを経験していて慣れているという人でも、
あえて下見に来た業者に対して上記の質問をしてみて下さい。

先ほどの質問に対して、しっかりとした受け答えをしてくれるかどうかで、
良い引越し業者かどうかがある程度わかると思います。

もし曖昧な回答をするようなら、その業者はやめた方が無難でしょう。

3.社名だけでは良し悪しの判断は難しいことを理解すること

最後に注意しなければならないことは、
「有名な会社だからサービスも良いだろう」と過信しないことです。

なぜなら私たちが実際に接触するのは、会社の上層部ではなく、
引越当日に作業に来るスタッフの方だからです。

そしてこのスタッフの中には、
どんな会社であれ契約(派遣)社員やアルバイトが含まれています。

ですから、会社全体としての評判が良かったとしても、
実際に作業に来るスタッフの質が良いかどうかはわからないのです。

この点については正直に言って運に左右される部分もありますが、
それでも見積もりの下見に来たスタッフの対応などを見ておけば、
どの程度まで社員教育が行き渡っているかは推測することができます。

また、引越し当日のスケジュールを確認し、
自分たちの引越し以外にもかなり予定が詰まっていそうならば、
そういった業者はなるべく避けておいた方が無難でしょう。

やはり一日にこなさなければならない件数が多い業者ほど、
作業が駆け足になって丁寧さがなくなるからです。

以上の3点をしっかりと見極めた上で業者を選ぶことが、
引越しの際に失敗しないコツです。

とにかく、まずは業者を呼んで下見をしてもらわなければ話が始まらないので、
一括見積もり請求サイトなどを上手に利用した上で、候補となる業者を絞り込み、
最低でも3〜4社程度は下見に呼んで、見積額を比較してみましょう。

その他、できる限り料金を安く抑えるための値切りにコツは、
こちらの記事にまとめてあります。

無料の一括見積もりサイトへ

※早く見積もり請求をするほど値引きできる可能性は上がります。詳しい「値切りのコツ」はこちらのページへ。