どうして費用の総額に大きな違いが出てくるの?

引越し業者に見積もりを取った時に、まったく同じ条件の見積もりにも関わらず、
業者によって大きく料金に差があると疑問に思ったことはありませんか?

見積もり金額に差がでる理由はいくつかありますが、
やはり一番の理由は、各業者がどれくらい「利益」を乗せているか、
という点だと思います。

引越し費用はどうやって決まるの?

引越しにかかる費用というのは、
使用するトラックの大きさと、移動する距離でまず大枠が決まります。

そして、その他の条件として、

  • 荷造りを自分でやるかどうか?
  • 引越しの時間帯はいつか?(※午前便だと高くなります)
  • 荷ほどきをどこまでやるか?
  • 大型家具(ピアノ、エアコンなど)の移動はあるか?

などが見積もり料金の「追加項目」として加算され、合計額が出ます。

これらの追加項目については、業者によって若干扱いに差が出てきますので、
確かに同じ条件で見積もりをとった場合でも、完全に同額になるわけではありません。

しかし、今は非常にたくさんの引越し業者が競争をしている時代ですから、
実際のところ、これらの追加項目の料金設定には大きな差は見られません。

例えばエアコンの引越しならば、
どの業者も10,000円〜15000円くらいが基本料金となっています。

上記はあくまでも基本料金なので、エアコンパイプの延長や、室外機設置場所の条件などで、料金が変わってくる場合があります。 

→詳しくはこちらの記事へ。

それにも関わらず、引越し料金に大きな差が出るということは、
やはり業者側が受け取る「利益」の乗せ方に差がある、
ということではないかと考えられます。

業者を決める時は必ず複数の業者で比較をしよう!

もし、これから引越し業者に見積もりを取ろうと思っている人は、
試しに複数の業者に対して見積もりを依頼してみて下さい。

このように複数の業者に見積もりを取ることを「相見積もり」と言いますが、引越し業界ではごく普通のことなので、遠慮する必要はありません。

数社ほど見積もりを取った上で、再度見積もり担当者に金額の相談をしてみると、
たぶんほとんどの業者が、
最初に提示した額よりも割り引いた金額を提示してくる思います。

つまり、これは最初に見積もりをお願いした段階では、
引越し業者側が「利益」を少し多めに計算していたが、
他社に負けないように利益を削って値下げしてきた・・・ということですね。

なお、これは別に違法というわけではありません。

引越し業者側も商売ですから、業者間で値下げ競争をしているということです。

というわけで、引越し業者を決める際には、
必ず複数の業者に見積もりを依頼して、比較してから決めるようにしましょう。

引越し業者側としては、他社と見積もりを比較されるのは嫌かもしれませんが、
少しでもお得に引越しするためには必ずやっておきたいポイントです。

WEBで申し込める一括見積もり請求を使えば簡単に比較が出来るので、
まずは各社の概算見積もり金額を見て、候補を数社ほど選びましょう。

そして、その後は実際に家に下見に来てもらって、
最終的な金額の交渉に入っていくのが賢い業者選びのコツです。

→引越し費用を安く抑えるための値切り方特集はこちらの記事へ

※あまりにも安すぎる業者は注意が必要!

業者ごとに最終的な金額に差が出るのは今書いたとおりですが、
それでも、あまりに他社と比べて安すぎるという場合は注意して下さい。

そのような業者の場合、人件費を削って金額を安くするために、
スタッフのほとんどが経験の浅いアルバイトだったりする可能性があるからです。

無料の一括見積もりサイトへ

※早く見積もり請求をするほど値引きできる可能性は上がります。詳しい「値切りのコツ」はこちらのページへ。