引っ越しを安くしたければ、早めにスケジュールを抑えることが重要!

引っ越しをする際に一番気になるのはやはり「引っ越し料金」ですが、
一番大きく料金を左右させる要因はなんでしょうか?

季節、曜日、時間帯、荷物の量など、もちろん色々な要因がありますが、
やはり実際問題として一番重要になるのは「引越し業者のスケジュール」です。

引っ越し料金は「どれくらい値引き出来るか?」で決まる

こちらの「引越し料金を劇的に安くする値切り方」の記事でも書きましたが、
業者の引越し料金というのは、移動する距離や荷物の量などで大枠が決まっています。

したがって、あとは「どれくらい割引ができるか?」が勝負の分かれ目となるため、
もっとも気にしなければならないのは「引越し業者のスケジュール」となるわけです。

例えば、引越し業者が年間を通してもっとも忙しい3月においては、

  • 業者自体のスケジュールに空きがない
  • 無理に割引しなくてもスケジュールは埋まる

という理由から、ほとんど値引き交渉らしい交渉は行えません。

したがって、引越し業者側が提示する料金を丸呑みしなければならなくなるため、
引越し業者が暇な時期に比べて、ものすごく料金が高くなってしまいます。

実際に暇な時期と忙しい時期とでは、倍近い料金差が出ることもあります。

少しでも早く予約を取ることが安く引っ越すためのコツ

引越し業者のスケジュールを優先させれば安くなる、ということは、
早い話が「うちが暇な時に引越しを入れてくれれば安くしてあげますよ」ということです。

したがって、

  • 月末月初
  • 土日祝日
  • 午前中の引越し(午前便)

など、引越し需要が高まる要因をなくせば料金安くなりますし、
なにより、引越し業者側と直接交渉して、

 「いつの引越しなら一番安くできますか?」

と聞いてしまうのがベストです。

タイミングによっては土日の方がスケジュールが空いていることもあります。

そして、首尾よく引越し料金が安い日を抑えるためには、
当然ですが「なるべく早く引越しの予約をする」というのが大事です。

引越し業者側としても、早めに仕事の予定が埋まった方が嬉しいに決まっていますから、
値引き交渉をするにしても早めに申し込んだ方が有利だからです。

業者によって空いている日は違う

ただ、その時々で業者の忙しさには差があります。

A社ではたまたま忙しい時期のため、値引き交渉があまり通じない場合でも、
B社では暇だったため、かなり値引きをしてもらえた・・・ということもあります。

これは完全にタイミングの問題ですから、もし料金をできる限り抑えたければ、

  • なるべく早めに引越し業者へ連絡を入れる
  • 1社だけではなく、数社に連絡を入れて暇そうな業者を探す

という2つ意識しておきましょう。

たくさんの業者にスケジュールを確認するのが面倒だという人は、
こちらの一括見積りサービスなどを使って一度簡易見積もりを取ってみて、
その中から比較的安い業者を3〜5社程度選んで聞いてみるのがベストです。

忙しい業者と暇な業者では、
同じ日取りでもまったく料金が違ってくる可能性があるため、
業者側のスケジュールを意識して交渉することは、
かなり重要なポイントと言えるでしょう。

無料の一括見積もりサイトへ

※早く見積もり請求をするほど値引きできる可能性は上がります。詳しい「値切りのコツ」はこちらのページへ。