新居にクーラーを持って行くのってお金がかかるの?

新居に引っ越す際に、
今使っているエアコン(クーラー)を持って行きたいと考えている人もいると思います。

しかし、実はこの「エアコンのお引っ越し」を使用とした場合には、
オプション料金としてかなりの費用が必要となるので注意が必要です。

エアコンの引越しに必要な費用の例

以下に、実際にエアコンの引越しをした場合に必要な、
主な追加料金の内訳を記載するので参考にして下さい。

クリーニング 10,000〜20,000円前後

エアコンがかなり古くて汚れているなど、クリーニングを行う場合に必要。
業者に持ち帰ってもらって分解クリーニングをする場合は高くなります。

専用コンセントの新設 12,000円〜(延長が必要な場合は金額アップ)

エアコンには専用のコンセントが必要なため、新居にない場合は新設する必要があります。

専用コンセントを新設する場合、分電盤から配線を引く必要があるため、
その際の距離や処理(※)によって金額がプラスされます。

屋内/屋外配線のどちらにするか?配線を隠すか隠さないか? など。
コンセント形式の変更 2,000〜3,000円前後

コンセントの形式をエアコンプラグにあわせる場合に必要なことがあります。

室外機の設置 3,000〜20,000円前後

新居に室外機設置用のスペースや金具がある場合は安くできますが、
もし壁に穴を開けて設置する必要がある場合は、かなり高くなってしまうので注意。

パイプ延長、取り替え 数千円〜

エアコンパイプの長さが足りない場合や、
年数経過により劣化している場合には取り替えが必要となる場合も。
また、化粧カバーなどをつけるとさらに経費がかかるので注意。

エアコンの取り外しのみ 6,000〜8,000円前後

エアコンを取り外すだけでもそれなりの料金がかかります。
万一新居に運んでも設置できない場合、ムダな費用が発生してしまうので、
必ず新居側の状況を確認してからエアコンの引越しを依頼しましょう。

上記はすべて、あくまでも目安の金額ですので、詳しくは引越し業者側に確認して下さい。

エアコンの引越しは基本的にオススメしない!

このように、エアコンの引越しにはかなりの費用が発生する可能性があります。

エアコンの引越し費用の相場は、安くても2万円近くになってしまうので、
よほどいい機種を使っている場合以外は、
思い切って新しいものを買った方が良いかもしれません。

また、エアコンは引越しをすると必ず傷んで寿命が縮みます。

せっかく高いお金を払って引越しを行ったとしても、
引越しの際のダメージによって寿命が縮んでしまうので、
よほどの高級機種でない限りは、やはり引越しは避けた方が無難と言えるでしょう。

どうしてもエアコンの引越しをするなら

それでも「どうしてもエアコンを新居に持って行きたい」というのであれば、
とりあえず一括見積もり請求サイトなどを使って、
各業者の見積もりを取り寄せてみましょう。

引越し料金というのは、交渉次第で大きく変わってくるものなので、
エアコンの引越し料金を含めて、総額で一番安くなるところを探すことが重要です。

エアコンの引越し料金はあくまでもオプションなので、全体の金額が安いかどうかが重要です。

少しでも安く引越し料金を抑えたいという人は、
こちらの「値切りのコツ」もしっかり読んで、徹底的に料金を値切りましょう!

無料の一括見積もりサイトへ

※早く見積もり請求をするほど値引きできる可能性は上がります。詳しい「値切りのコツ」はこちらのページへ。