テレビやビデオなどAV機器を引っ越す際の注意点

テレビやDVDプレーヤーなどのAV機器は精密機械なので、
引越しでダメージを受けてしまうと故障の原因にもなってしまいます。

高額なものですし、無傷で移動は欠かせませんよね。
正しい梱包方法で、安全な移動を心がけましょう。

AV機器の梱包方法

AV機器を安全に移動させるためには、
購入した時の段ボールに収めて移動させるのが一番の方法。
でもなかなか購入時の段ボールをそのまま保管している家庭は少ないですよね。

そんな時は、できるだけ購入時の梱包に近い方法で梱包していきましょう。

一回り大きめの段ボールを用意する

梱包に使う段ボールは、中に入れる機器よりも一回り大きなものを用意します。

サイズピッタリの段ボールでは、周りに緩衝材を入れるスペースが無くなってしまい、
衝撃が直接機器に伝わってしまうことになります。

逆にあまりにも大きすぎると、周りに敷きつめる緩衝材の量が多くなってしまい、
手間も時間もお金もかかってしまうので、一回りという所がポイントです。

新聞紙やプチプチなどの緩衝材を用意する

まずは段ボールの中に敷きつめる緩衝材を用意します。

新聞紙を使用するのであればくしゃくしゃに丸め、
プチプチを使用するのであれば、
トイレットペーパーのように3〜4重にクルクルと丸めてテープでとめます。

その他の緩衝材は、あまりボリュームが無いのでAV機器の梱包には不向きです。

いざ梱包!

段ボールと緩衝材が用意できたら、まず段ボールの底に緩衝材を敷き詰めます。
できれば2段敷き詰めておくとより安心です。

次に運びたい機器を丁寧に毛布でくるみ、段ボールへ。
そして開いた隙間に緩衝材をどんどん敷き詰めていきます。

最後に段ボールの目立つところに、壊れ物や割れ物などのシールや表記をして完成です。

配線の梱包も忘れずに

AV機器の要ともいえる配線。
外すのは簡単ですが、再び元通りにするのは意外にも難しい物です。

特にテレビにDVDプレーヤーやスピーカー、ゲーム機など、
色々な配線が使用されていた場合は
何が何だか分からなくなってしまう事も良くあります。

こんな困った事態を防ぐためには、
配線を抜くときにそれぞれ目印をつけておくと便利です。

テレビとDVDをつないでいたのなら、
「テレビ‐DVD」とテープに書いてコードに貼っておいたり、
テレビの差し込み口に番号を割り振り、その番号をコードに書いていくのも一つの手です。

ただ一つ注意したいのが、使用するテープは
粘着力が強すぎずはがれやすい物を使用すること。

配線が終わってテープをはがそうとしたら、
ネチョネチョになってしまったという事のないように気を付けましょう。

業者に任せるのもアリ

引越し業者によっては、AV機器の梱包はもちろん
配線まですべて行ってくれるところもあります。
もちろん追加料金は必要になりますが、金銭的に余裕があるのならとても便利です。

専用の梱包材を用意してくれますし、安心して任せることができます。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!