荷詰め用の段ボールを無料でもらえる場所は?

荷造りをする際に必ず必要となるのがダンボール。
人によっては数十箱以上必要になることもあるjかもしれませんね。

そんなダンボールですが、お金を出して買おうとすると、
意外と高くついてしまうこともあります。

そこで、まずは出来るだけ無料でダンボールを集めてみましょう。

近所のスーパーやドラッグストアに行く

一番簡単にダンボールが手に入るのは、近所のスーパーやドラッグストアなどです。

ある程度大きなダンボールも手に入るので、
事前に電話などで確認をした上でもらいにいきましょう。

コンビニや酒屋などでも手に入りますが、
あまり大きめのダンボールはない場合が多いです。

事前の電話確認を忘れずに

ダンボールをもらいに行く際には、
必ず事前に確認をしてからもらいに行くようにしましょう。

お店側の迷惑にならないように配慮するのはもちろんですが、
もっと根本的な問題として、事前に確認をしてから行かないと、
肝心のダンボールが捨てられてしまった後の可能性もあるからです。

一般的に、スーパーやドラッグストアなどは、
開店前から当日の午前中にかけて、品出しなどを行います。

その際に出たダンボールなどのゴミは、
午後になるとゴミ回収業者に引き渡されてしまうこともあるので、
あらかじめ確認してからもらいに行かないと、無駄足になる場合があります。

引越し業者からダンボールをもらおう

また、引越し業者を利用する場合には、
見積もり時に必要な個数を伝えておけば、
引越し用のダンボールを事前に用意してくれることもあります。

もちろん、業者によって用意してくれる場合とダメな場合とがありますが、
そんな時は複数の業者に見積もりを取って比べてみましょう。

 「他の業者さんはダンボールを用意してくれるみたいですよ」

と見積もりの際に伝えれば、
最初は「ダメ」といっていた業者も態度を変えるかもしれません。

また、ダンボールの用意だけではなく、
引越し後に不要になったダンボールを回収してくれる所もあるので、
業者選びの際によく確認してみると良いでしょう。

ダンボールの強度には念のため注意を!

無料でもらってきたダンボールを利用する場合には、
あまり重いものを詰めすぎないように注意しましょう。

特にスーパーなどでもらってきたダンボールは、
一度開封を行った後の「使用済み品」ということになるので、
どうしてもダンボールの強度が落ちるからです。

また、引越し業者が用意してくれるダンボールについても、
あまり頑丈ではない場合があるので注意して下さい。

もし壊れ物や重いものを詰めるのに不安がある場合は、
多少もったいなくても有料のダンボールを使う方が無難です。

有料のダンボールは近くのホームセンターやDIYショップで手に入ります。

大きさによって値段が変わってきますが、
1枚当たり、だいたい100円〜300円程度で手に入ると思います。

無料で手に入るダンボールと違って、紙の厚さや作りがしっかりとしてるので、
重いものや壊れ物を詰めるのはに適していると思います。

とはいえ、全部を有料のダンボールでやろうとすると出費がかさむので、

  • 衣類などの軽いもの、壊れないものは無料のダンボール
  • 高価な食器などの壊れ物、重たいものは有料のダンボール

といった感じで使い分けるのが賢い荷造りの方法です。

もちろん、一番安上がりなのは「引越し業者にタダでもらう」方法なので、
こちらの一括見積もり請求サイトなどを使って安そうな業者に目星をつけた上で、
「ダンボールは用意してもらえるんですか」
と一言問い合わせをしてみるのがオススメです。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!