包丁などの刃物を梱包する時の注意点

包丁やナイフなどの刃物類はきちんと梱包できていないと、
大きな事故につながってしまう恐れがあります。

運んでいるときに段ボールを突き抜けて作業員がけがをしてしまったり、
開梱時に刃がむき出しになっていて手を切ってしまったりなど、
色々な事故が予測できます。

こういった事故を未然に防ぐためには、正しい梱包を行っていく必要があります。

段ボールできっちり固定

包丁などの刃物を梱包するときは、
段ボールを使ってしっかりと固定するのが正しい梱包方法です。

まず段ボールを包丁の刃の2倍の大きさに切り、二つ折りにします。
その隙間に刃を入れて、周りをガムテープでぐるぐるに固定してしまいます。

その上に緩衝材を巻き、またガムテープでぐるぐるに固定していきましょう。
またその上に、タオルや新聞紙でくるんでおくと、より安全です。

できればタオルよりも新聞紙を使用すると「刃物」という文字も書き込めるので、
家族やお手伝いに来てくれた人たちも、安心して開梱できます。

刃物が複数本ある時は、それぞれ別々に梱包するのが理想です。
ただ何本もぐるぐる巻きにしていくのは大変なので、
形や大きさが似ているものであればまとめてしまっても大丈夫です。

このとき、必ず刃の向きを揃えることと、
サイズの違う刃物は一緒にしないことを厳守するようにしましょう。

キッチン専用の梱包材を使用する

最近の引越し業者は、梱包の手間やゴミを削減するため、
キッチン専用の梱包材を用意しているところも増えています。

こういった梱包材は、わざわざ段ボールや新聞紙を用意して、
難しい梱包をこなす必要もありません。
ただ入れるだけで安全に運搬することができるのです。

取り扱っている業者と、取り扱っていない業者があるので、
一括見積もりで業者を絞り込んだら、
キッチン専門の梱包材の有無を問い合わせてみましょう。

段ボールにも「刃物」の表記を

段ボールと新聞紙をぐるぐる巻きにしておけば、
刃が飛び出してくるという心配もほぼなくなりますが、それでも確実ではないので、
段ボールに「刃物」「危険物」等の記述をしておくことがお勧めです。

段ボールがつぶれたり、強い衝撃によっては、
刃が飛び出してきてしまう可能性もあります。
そうならないために、取扱に注意するように促す必要があるのです。

段ボールに刃物の表記があれば、他の荷物のように激しい扱いはされないので、
危険な事故を未然に防ぐことができます。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!