家具や荷物の一部を保管してもらうことって出来るの?

引越しを行う際に、なんらかの理由で荷物を一時預けて起きたい場合もあると思います。

例えば大家族で荷物の量が多すぎるような場合は、
新居での生活が落ち着くまで、不要な荷物を預けておきたいこともあるでしょうし、
そもそも旧居の退去日と、新居の入居日がズレてしまう人もいると思います。

そんな場合、どうしても一時的な荷物の保管先が必要になりますよね。

大手をはじめ、複数の引越し業者が対応してくれるので大丈夫

もし上記のような悩みがあるならば、
「荷物の一時保管」に対応してくれる引越し業者を選びましょう。

最近は対応してくれる業者がかなり増えてきているので、
大手の引越し業者をはじめとして選択肢は複数あります。

例えば大手だとアート引越センターダック引越センターなどが対応してくれます。

ちなみに、どの業者も原則として「オプションサービス」になりますので、
荷物を預ける場合は追加料金が必要となってしまいます。

しかし、多くの業者はホームページ上に明確な金額を載せていないので、
引越しの見積もりと合わせて交渉すればある程度の値切りは可能だと思います。

逆に、一社のみしか見積もりを取らないと、

「オプションサービスが入るので料金が高くなります」

と足元を見られる可能性が高いので、必ず複数の業者で比較をしましょう。

このような場合、
「オプション部分の料金は社内規定があって値引き出来ない」と言われても、
他の部分を値引きすることで、
引越しにかかる「総額」を値引きしてくれる場合があります。

当然、複数の業者で競わせた方が「総額」は安くなるので、必ず相見積もりをしましょう。

建て替え引越しのために荷物を大量に預けたい場合

単純な引越しではなく、旧居の建て替えにともなって、
一時的に仮住まいへ引越しをしたあと、また元の家に戻るというケースもあります。

このような場合は、荷物の保管期間が長くなってしまいますし、
またもしかしたら、ほとんどの家財道具を預けなければならないかもしれません。

さすがにこうなってくると、一般的な引越し業者では対応できない可能性もあるため、
別途「トランクルーム」などを借りて、荷物を保管する必要があるかもしれませんね。

トランクルームを借りる場合は、借りる部屋の大きさにもよりますが、
月に数千円から数万円程度の料金がかかるので事前に確認しておきましょう。

特に、家財道具の中に傷みやすい物(美術品等)がある場合には、
トランクルーム側に温度や湿度の管理機能があるかどうかも確認しておきましょう。

なお、トランクルームなどを借りるのが面倒だという場合には、
日通運輸のトランクルームサービスを利用するという手もあります。

こちらなら引越し作業と連動して荷物が預けられるので楽かも知れませんし、
また他の業者と見積もりを比較することで、総額の費用を安く抑えられるかも知れません。

というわけで、まずは大手の引越し業者を中心に一括見積もりを取って、

  • 預ける荷物の量に問題はないか?
  • 保管期間は大丈夫か?
  • 引越し費用と合わせて「総額」はいくらになるか?

といった点を確認してみましょう。

そして、もし引越し業者側で対応が出来ないような場合は、
別途トランクルーム業者に連絡して荷物の保管場所を確保しましょう。

無料の一括見積もりサイトへ