引越しで本棚やラックを持っていきたい場合

引越しの荷物の中でも、大型で運搬が大変な本棚。
できるだけ簡単に安く引越しを済ませるためには、
きちんと下準備をしておく必要があります。

単身パックの場合はサイズ調整を

単身パックはお得に引越すことができるプランの一つですが、
荷物のサイズに制限があるのが難点です。

本棚はサイズによって、
単身パックの規格外になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

万が一サイズが大きくて単身パックに申し込めない場合は、
あらかじめ分解してサイズ調整をしておくことも一つの手です。

単純な造りの本棚であれば、自分でも簡単に分解や組み立てができるので
本棚のせいで単身パックに申し込めないという時は、挑戦してみましょう。

旧居・新居の出口や通路を確認

本棚を運ぶとき、旧居や新居の出口や通路が通れなくて、
吊り上げ作業が必要になってしまう可能性があります。

手吊り作業でも、かなりの追加料金を取られてしまいますし、
クレーンを頼む場合はさらに高くなってしまいます。

そうならないためには、
まず本棚が無事に出入り口や通路を通れるかどうか確認しておくことが大切です。

もし通れない場合は、一度分解を試みるのもいいでしょう。

上段と下段に分けるだけの分解でも、吊り上げ作業を避けられる場合がほとんどです。
できるだけ安く済ませるためには、そのまま運ぶという考えを一度捨ててみましょう。

本棚の荷造り方法

本棚に入っている本をいちいち取り出すのは、とても大変な作業ですよね。
さらに引っ越し先で再び収納しなければならないと思うと、
一見無駄な作業のようにも思えます。

本は食器のように割れ物ではないのでそのまま運んでほしいと思う人も多いでしょう。
でも本棚の本を入れたままで運ぶことはとても危険です。

本棚の本がトラックの中で飛び出してしまったり、
本棚を持ち上げた時に、本の重さに耐えられずに変形や破損してしまう可能性もあります。

面倒でも、まず中身をすべて出しておくことが大切です。
そのついでに不要な本の整理をしてしまえば、新居でスッキリと片付いて一石二鳥です。

本棚は扉が開かないように、段ボールをかませて固定します。
ガラス戸がある場合は、ガラス部分に緩衝材などを巻いて、
衝撃が加わらないようにしておきましょう。

分解できない本棚の場合

最近では格安の家具店が増えていて、
購入して自分で組み立てるタイプの家具も多いですよね。
こういったタイプの家具は、分解したり再び組み立てたりできないものもあります。

もしも自宅にある本棚が分解できないタイプのものだった場合、選択肢は3つです。

  • ダメもとで分解してみる
  • 吊り上げ作業で運んでもらう
  • 処分する

家具の値段や価値、引越し料金などを比較して、一番いい方法を見つけ出してくださいね。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!