スムーズに引越しを終えるためには事前準備が重要!

引越しを二度、三度と経験すれば嫌でも身に染みると思いますが、
引越しをスムーズに終わらせるためには、とにかく「事前準備」が最重要です。

荷物の整理はもちろんのこと、引越しに関わる各種手続きも大切ですが、
意外と忘れてしまいがちなのが「新居のレイアウト」を考えておくことです。

レイアウトを事前に決めておくのとおかないのとでは、
当日の作業に大きな差が出るので忘れず準備しておきましょう。

大型家具の配置だけは絶対に引越し前に決めておこう!

とにかく絶対に決めておかなければならないことは、
自分たちでは持ち運ぶことが出来ない(運びたくない)大型家具の配置です。

最低限、これだけは引越し業者にお願いして指定の位置にセッティングしないと、
あとで泣きを見ることになるので注意しましょう。

具体的には洋服ダンス、冷蔵庫、ベッド、マッサージチェアなどの大きくて重い物です。

あとあと「やっぱりこっちの部屋に設置したい」なんてことになるとやっかいですし、
もしそれが2階の部屋だったりしたら・・・かなり大変な思いをすることになります。

くれぐれも注意しておきましょう。

引越し当日に

「それはこっちの部屋に・・・あ、やっぱりあっちの部屋で・・・」などと迷っていると、
作業スタッフにも多大な迷惑がかかるので注意しましょう。

レイアウトを決める際の注意点

レイアウトを考える際には、出来る限り立体的なイメージを持つことが重要です。

例えば背の高い家具などを配置する場合には、
天井側に出っ張りがないかを確認しておかなければなりませんし、
冷蔵庫のように扉を開くタイプの家具を配置する場合には、
扉を開けた状態でも邪魔にならないかを確認しておく必要があります。

このような細かい部分は、間取り図だけでは正確に予測することが出来ないので、
実際に部屋に下見に行った上で、時間をかけて確認するようにしましょう。

出来れば二人以上で下見に行って、メジャーなどを使って寸法を測っておくのがベストです。

意外に見落としがちなのがコンセント関係

レイアウトを考える際に、一番見落としがちなのがコンセントの位置です。

家電製品を使う際にはコンセントが絶対に必要となるので、
忘れずにコンセントの位置を確認するようにしましょう。

もしコンセントをふさぐように大型家具を置いてしまうと後が面倒ですし、
またコンセントと家電製品の位置関係が悪いと、
電源コードが届かないこともあるからです。

このような点に気をつけて、事前にレイアウトを考えておくと、
引越し当日が非常にスムーズに進むので覚えておきましょう。

ワンポイントアドバイス

なお、不動産業者からもらった間取り図を拡大コピーして、
家具の大まかな配置を書き込んだものを用意しておくとさらに便利です。

当日、それを引越し業者のスタッフに渡しておけば、
簡単な指示だけでどんどん家具を設置していってくれるからです。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!