ガラス製の人形ケースの梱包はどうやればいいの?

ガラス製の人形ケースに入った日本人形などは、
運搬の際に破損することが多い荷物の一つです。

軽くて運びやすい箱型にもかかわらず、
運搬事故が起こってしまうのはどうしてなのでしょうか。

それは梱包方法が正しくできていないからという理由がほとんど。
ガラスケースの正しい梱包をマスターして、事故を未然に防いでいきましょう。

ガラスケースを正しく梱包する方法

ガラスケースは外側だけを緩衝材でくるめば安心というわけではありません。
中の人形が動いてガラスに激突してしまう可能性もあるのです。

そのため、梱包の際は人形自体も包む必要があります。
緩衝材やタオルでくるむか、くるむことが難しい場合はガラスケースと人形との隙間に、
緩衝材や新聞紙を敷き詰めて動かないようにします。

ガラスケースが開かないタイプの場合は、必ず段ボールに向きを変えないように
天地無用などのシールを貼っておきましょう。

人形の梱包が終わったら、今度はガラスケースをぐるりと緩衝材でくるみます。

そして段ボールに入れるのですが、
この時ピッタリのサイズよりも少し余裕のあるサイズを選ぶのがお勧めです。

ガラスケースがダンボールに密着していると、衝撃を受けた時に直に伝わってしまいます。

余裕を持ったサイズで、周りに新聞紙やタオルを敷き詰めて
動かないようにするのが一番安全な梱包方法です。

梱包が終わったら

梱包が終わったら、そこで一安心ではありません。
他の段ボールと一緒に置いておくと、他の段ボールと同じように扱われてしまいます。

必ず段ボールに割れ物の表記をすることと、
さらには下積み厳禁などのシールを貼ることを忘れないようにしましょう。

また、他の荷物とは別の場所に置いておいて、
業者のスタッフにガラスケースであるという事を伝えるとより安心ですね。

梱包が面倒なら…

ガラスケースに入った人形の梱包はとても手間がかかります。

くるんだり、新聞紙を敷き詰めたりするのに時間がかかりますし、
何より緩衝材がたくさんいるのでお金もかかってしまいます。

そんな時は、梱包を業者に任せてしまうのも一つの手です。

梱包作業まで行ってくれるプランの料金は、
運搬だけを頼んだ場合に比べると、どうしても高くなってしまいますが、
梱包に必要な材料を集めたり、梱包に手間や時間をかけることを考えると、
それほど無駄ではないですよね。

また、一括見積もりサイトで相見積もりをかければ、
意外にも予算内で済む場合もあるかもしれません。

面倒な荷物がある時こそ、
梱包作業がセットになったプランで見積もりを出してみましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!