机やタンスなどの大型家具の引越しはどうすればいいの?

学習机やタンスなどの大型家具は、引越しの時に運ぶのが大変ですよね。
場合によっては分解が必要な時もあります。

引越し業者に頼む場合は、引越し業者の指示に従うのが一番ですが、
一般的な梱包方法についても頭に入れておくことが大切です。

学習机の梱包方法

最近の学習机はそれぞれのパーツの組み合わせ方で、
様々な形に変化できるタイプのものが多くなっています。

そのため、組み合わせ方によっては部屋から出せなかったり、
通路が通れなかったりという問題が出てきます。

この場合は一度分解する必要があり、パーツごとにバラバラに運び出すことになります。
引越し業者に頼む場合は、分解から組み立てまですべて行ってくれるので、
自分でバラバラにしておく必要はありません。

ただし、中身の梱包はきちんと行っておくのが鉄則です。
学習机に収納されているものは、本やノートなど重量のあるものばかりです。

そのまま運んでしまうと、重みで机が変形したり破損する恐れもあるため、
必ず収納されているものはすべて出して段ボールに別梱包するようにしましょう。

タンスの梱包方法

最近では引越しの技術も進み、
タンスの中身を別に梱包することなく運んでくれる業者が増えています。
わざわざ服を出したり入れたりの作業が無くなるので、とても楽に運べます。

ただし、すべての業者がそうというわけではありません。
業者によっては別梱包を頼まれるところもあるので、
その辺は業者とよく話し合う必要があります。

また桐箪笥のようにデリケートなタンスの場合は、
中身を入れたまま運ぶと破損してしまう恐れがあるので、
できる限り安全に運べるように中身を取り出しておきましょう。

プラスチックでできた簡易的なタンスの場合も、破損する可能性が高くなるので、
中身を別で梱包することがお勧めです。

不用品の見直しを

学習机やタンスなどは、不用品の溜まりやすい場所です。

中身をすべて出す機会はなかなかないので、この機会に中身を見直しておきましょう。
不用品は思い切って処分しておけば、新居でスッキリと暮らすことができます。

また机やタンス自体を処分するというのも一つの選択肢です。

大型の家具は不要と思っていても、なかなか処分に踏み切ることができませんが
引越しという一大イベントの際には思い切りがつくものです。

引越し業者で不用品の処分を行ってくれるところもあるので、
うまく活用して不用品の見直しを行っていきましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!