冷蔵庫を持って行く場合は前日までに電源を切って準備をしておこう

冷蔵庫を引っ越し先へ運ぶ際には、前日から準備をしておく必要があります。

中には引越しの直前まで冷蔵庫を使いたいと思う人もいるかもしれませんが、
冷蔵庫に限っては、霜取りなどの関係で準備に多少の時間が必要だからです。

事前に電源を切って霜を取っておかないと、
移動中に水漏れを起こして他の荷物をぬらしたり、
あるいは冷蔵庫自体の破損につながったりするので注意しましょう。

できれば2日前には準備を始めよう

引越しで冷蔵庫を持っていく場合に最も注意が必要なのは「水」の管理です。

冷蔵庫から出る水が搬出中にもれると、床や荷物を汚してしまう可能性があり、
何よりも引越し業者の作業員にとても迷惑をかけてしまいます。

冷蔵庫のタイプにもよりますが、最低でも前日の夕方から、
できれば余裕を見て2日くらい前から、冷蔵庫の電源を抜いておくことが必要です。

特に霜取り機能が付いていない冷蔵庫や、自動製氷機つきの冷蔵庫の場合には、
氷や霜を溶かしておく必要があるので、余裕をもって準備することが大切です。

また上記以外の冷蔵庫でも、最下部に、
内部から出た水をためておく「蒸発皿」が付いています。

電源を切ることで、冷蔵庫内の水分がこの蒸発皿にたまるので、
引越し当日に冷蔵庫を動かす前に、忘れずに処理しておきましょう。

引越し後に電源を入れる際にも注意が必要

また、冷蔵庫は新居に運び入れた後でも少し注意が必要です。

冷蔵庫を移動させると、内部のガスやオイルなどが揺れて不安定になっているので、
新居に設置した後も、1時間程度は電源をいれずにそのままにしておきましょう。

細かいことですが、冷蔵庫を故障から守り、
長持ちさせるためにぜひ覚えておきたいポイントです。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!