洗濯機のサイズを確認しておこう

引越しの際に、洗濯機を旧居から新居へ持っていく場合には、
新居の洗濯機置き場のサイズを事前に必ず確認しましょう。

洗濯機のサイズや排水ホースの位置をあらかじめ測っておき、
引越し先の洗濯機置き場へ設置が可能かどうか、確認しておく必要があります。

この点は新居の契約後では遅いので、「物件探しの段階」で必ず確認しましょう。

洗濯機置き場のサイズは主に3種類

洗濯機置き場の中でも、「洗濯機パン」と呼ばれる防水用トレイのサイズには、
おおまかに3種類の規格があります。

最も一般的なサイズといわれるのが、640mm×640mmの正方形タイプです。
タテ型洗濯機の小型〜中型(4kg〜8kg)程度の容量のものであれば、
大抵はこのサイズに収まります。

さらに大きいサイズとして、740mm×640mmと、
800mm×640mmの横長長方形タイプがあります。
タテ型洗濯機の大型(9kg〜)サイズのものや、
横幅の大きいドラム式の洗濯乾燥機の場合は、
このサイズになる場合があるので注意しましょう。

また、洗濯機を置く部屋への入り口の幅も調べておく必要があります。

洗濯機が洗濯機パンに収まるサイズであったとしても、
その手前の通路や入り口の幅が狭ければ洗濯機を入れることができません。

最近では、あまり利用されなくなった二層式洗濯機を使用している場合も、
横幅が広くなるので、必ずサイズを測るようにしましょう。

自分で運ぶ場合には注意が必要

当たり前のことですが、引越し当日には、
洗濯機に衣類が入っていないように確認しましょう。
できれば空脱水をして、内部の水を抜いておくと当日の引越しもスムーズです。

また取水ホースを蛇口から取り外すときに、
蛇口側についている部品も、忘れずに取り外しましょう。

基本的に、引越し業者を利用して引越しする場合であれば、
洗濯機の取り外しから設置まで、すべて業者がやってくれると思います。

ただし、自分でやる場合には忘れないように注意しておきましょう。

引越し直後は蛇口を閉めよう

無事に引越しが済み、洗濯機の設置が終わったあとは、
しばらくの間は洗濯機用の水道蛇口は、洗濯時以外は閉めておくようにしましょう。

しっかり接続したと思っていても、
取水ホースが突然外れたり、蛇口から水漏れなどの事故が起きる場合もあります。

室内に洗濯機を置いている場合は、床などが水浸しになる恐れがあり、
特に集合住宅では、自室だけでなく階下へ迷惑をかけることにもなりかねません。

引越し直後はこうした事故が起こりやすいので、
しばらくは様子をみながら使用するようにしましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!