なるべく安く荷造り用の資材を集めよう

引越しの際には、ダンボールやガムテープなど荷作り用の資材が必要になります。
これらも引越し費用の一部なので、できるだけ安くそろたいところですよね。

例えば近所のスーパーやドラッグストア、
ホームセンターなどからダンボールをもらうなどして、
梱包資材にはなるべくお金をかけないように心がけましょう。

あると便利な梱包資材一覧表

引越しの際に、これだけは用意したい(用意したほうが便利)という梱包資材を
紹介します。

資材の名前 用途・目的 必要数 入手方法
ダンボール 荷物をつめる。 一人暮らし:
20個〜
四人家族:
100個〜   
引越し業者の無料サービス。
スーパーやドラッグストアでもらう。
ホームセンターなどで購入。
ガムテープ
クラフトテープ   
ダンボールのふたを閉める。
梱包時の荷物の固定。
5本〜10本 引越し業者の無料サービス。
ホームセンターや100円ショップで購入。
新聞紙 荷物の梱包。緩衝材。 1〜2週間分 自分で新聞を購読していない場合は、
職場や近所の人から分けてもらう。
ビニールテープ ダンボールに入りきらない
荷物の固定。
2〜3本 100円ショップなどで購入
はさみ
カッター
ダンボールやテープのカットなど。 1〜2本 100円ショップなどで購入
軍手 家具の移動や荷造りの
際の手の保護。
人数分 100円ショップなどで購入
マジック 荷物の中身をダンボールに書く。 1〜2本 100円ショップなどで購入
セロテープ
輪ゴム
小物を固定。調味料など
液体の容器の口を塞ぐなど。
適宜 100円ショップなどで購入
ビニール袋 液体の容器を入れたり、
小物の整理など。
適宜 買い物の際にもらうビニール袋で十分。
工具類 組み立て式家具の解体、
部品の取り外しや取り付けなど。
1セット ホームセンターや100円ショップなどで購入。
布団袋 布団の梱包。 適宜 引越し業者の無料サービス。
ホームセンターで購入。
毛布(古布) 家具の保護など 適宜 引越し業者の無料サービス。
※入手方法には地域差があります。

引越し業者と交渉して無料で提供してもらう手も

上に紹介した梱包資材の中でも、工具類や布団袋、古毛布などは、
一人暮らしの場合には持ち合わせていないことも多いものです。

工具類は引越し以外でも必要になるものですから、
できれば購入しておきたいところですが、
それ以外の布団袋や古毛布などは、
引越しの時以外は利用する機会がほとんどありません。

わざわざお金を出して用意するのももったいないので、
もし手元にない場合は引越し業者に相談してみましょう。

引越し業者のサービスに含まれのであればぜひ利用したいところですし、
もし有料オプションになる場合でも、引越し料金を値切る代わりに、
こうした有料オプションを無料でつけてもらえないか交渉してみましょう。

引越し業者としても、多少の梱包資材を提供するだけで契約が取れるならと、
意外とあっさり無料で応じてくれることもあります。

梱包用の資材の一部は、引越しという特別な状況でしか使わないものもあるので、
恥ずかしがらずに交渉してみた方が絶対にお得です。

また、どうしても購入が必要な場合も、100円ショップなどを活用して、
なるべく安く資材をそろえるようにしましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!