洋服やスーツなどは大きなダンボールにつめてもOK

衣類は引越し時でも破損の心配が少なく、比較的運びやすい荷物です。
また本などに比べて軽量なので、大きなダンボールにつめて運ぶことも出来ます。

荷解きの時に分かりやすいように、梱包の際に中身を分かりやすく分類したり、
ダンボールに何が入っているかを書いておけば、さほど困ることはないでしょう。

ただし、スーツなどのシワになると困る衣類も一部ありますので、
状況に合わせてハンガーBOXなどを活用すると良いでしょう。

念のために水濡れ対策をしておこう

衣類は破損の心配がほとんどない荷物ですが、
万が一、引っ越し中に水で濡れたりしないように備えておくとさらに安心です。

ダンボールに詰める際に、大きめのビニール袋などにまとめて入れておけば、
仮に雨が降っていても水濡れの心配はほとんどありません。

また、ダンボールに直接つめる場合でも、
大きなビニール袋を、箱の内側に1枚広げてからつめると良いでしょう。

シワになりやすい衣類の梱包方法について

スーツやジャケットなど、シワになってはまずい衣類については、
ハンガーにかけたまま梱包できる専用のハンガーBOXを利用すると便利です。

個人でハンガーBOXを手配することは難しいかもしれないので、
引越し業者側で用意してもらえないか確認してみましょう。
最近は多くの業者が、無料でハンガーBOXを貸し出してくれるようです。

基本的には引越し当日に業者がBOXを持ってきてくれるはずなので、
スムーズに詰められるように、持って行く衣類をまとめておきましょう。

衣類の梱包を楽にする裏技

毎回引越しのたびに、衣類の出し入れをするのは面倒だという人は、
プラスチック製の衣装ケースや、押入れダンスを活用しましょう。

引越し時にはこのプラスチック製の衣装ケースや、押入れダンスを、
中身を詰めたまま丸ごと運んでしまうという裏技があります。

これなら、荷造り用のダンボール集めや衣類の梱包と荷解き、
また使わなくなったダンボールの処理などの手間が一気に省けます。

タンス自体が重い場合にはこの裏技が使いにくくなりますので、
なるべくプラスチック製などの軽いケースを利用するのがコツです。

なお、もしタンスなどを丸ごと引っ越し先へ運ぶ際には、
移動途中で引き出しが飛びでないように、しっかりガムテープなどでとめておきましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!