不用品の仕分けは早めに済ませること

そもそも不用品を処分するためには、
何が必要で、何が不要なのかを見極めることが第一です。

不用品を処分しようにも、持ち物の仕分けが済んでいなければ、
処分することも、梱包することもできません。

特にたくさんの不用品を処分するためには、時間もかなりかかるので、
できるだけ早く不用品をまとめてしまうことが大切です。

引越し直前になって慌てて不要品をまとめた場合、
リサイクルショップに売りに行く時間が取れないこともあるので、
必ず余裕をもって荷物の整理を行いましょう。

まずはリサイクルショップへ持って行くのが大原則

この数年でリサイクルショップの数はかなり増加しています。

大手のリサイクルショップをはじめ、
小さなリサイクルショップも増えているので、近くに一件は必ずあると思います。

基本的にリサイクルショップは「何でも屋」的なお店が多いので、
不要になった荷物は、とりあえずリサイクルショップへ持ち込んでみましょう。

たとえ買取ってもらえなくても、タダで引き取ってくれるお店があるからです。

「タダで売るのはちょっと・・・」と思う人もいるかもしれませんが、
使わない物を新居に運ぶためには、
余計な費用がかかっていることを忘れてはいけません。

仮に売却益は得られなかったとしても、不要品の処分費用がタダになる上に、
さらに引越し料金まで安く抑えられるのですから、売らないと損をすることになります。

引越し料金の大枠は「移動距離」と「荷物の量」で決まるためです。

また、もしリサイクルショップで買取を断られた場合でも、
すぐに諦めずに、複数のリサイクルショップを回ってみましょう。

リサイクルショップごとに独自の買取基準を設けていることがあるので、
A店で断られたからといって、B店でも断られるとは限らないからです。

そのためにも引越しが決まったら、持ち物の整理を早めに済ませて、
時間に余裕をもってリサイクルショップを訪ねられるようにしましょう。

次善策は自治体サービスの活用

それでもリサイクルショップでの引き取りを断られた場合には、
自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用してみましょう。

自治体によって回収の制度も料金も様々なので、
一概には値段は言えませんが、かなり安く不要品を回収してくれるはずです。

まずは市区町村役所へ問い合わせて、回収方法や費用などを確認しましょう。

不要品を直接回収所へ持って行くことで、料金がさらに安くなる場合があります。

なお、自治体によっては粗大ゴミの回収日が限られている場合もあるので、
やはりなるべく早めに確認しておくことが大切です。

最後の手段は民間の回収業者

引越しまで日数がなく、リサイクルショップを回ったり、
自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用できない場合には、
民間のゴミ回収業者などを利用することになります。

民間サービスなので、曜日の指定などもなく臨機応変に対応してくれますし、
大抵のものは処分可能ですが、その分料金も高めになることを覚悟しておきましょう。

できる限り民間の業者に頼まなくて済むように、
早めに準備を進めて、リサイクルショップ周りなどをするのが節約のコツです。

なお、引越し業者側で粗大ゴミの有料引取をやってくれる場合もあるので、
民間業者へ依頼する前に、引越し業者へ連絡してみるのも一つの手です。

ただし、どちらが安いかは問い合わせてみないとわからないので、
こうした民間サービスの利用は、あくまでも最終手段として考えましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!