最近話題の「100円引越し」ってホントにお得なの?

最近多くのメディアで話題になっている「100円引越し」
本当に100円で引越すことができるなら、とってもお得な話ですよね。

でも実質は100円で引越しができるわけではないんですよね。
そのからくりをご紹介します。

100円引越しの裏側

通常数万円もする引っ越し代金が100円になるという事で大きな話題を呼んでいますが
本当に良心で100円にしていると思っている人は、まさかいませんよね。

100円で引越しを提供できるほどの利益があるからこそ、
あえて100円引越しを大々的に打ち出しているのです。

100円引越しで得られる業者の利益

100円のどこから利益が発生するのか不思議に思うかもしれませんが、
100円引越しは必ず、光回線の同時入会が必須条件として付いています。

つまり業者は光回線を紹介することで、紹介料を受け取っていると同時に、
私たちが普通に光回線を申し込んだ際に受けられるキャッシュバックも総取りしていくので
実質数万円の利益が出ているというわけです。

100円引越しでできる引越し

100円引越しは、どんな引越しも100円にしてくれるというわけではありません。
4tトラックで数百キロも移動するような引越しは、全く対象外です。

請け負ってくれる引越しのほとんどは、単身者向けのミニ引越しのみ。
荷物も少なく、移動距離も短いというのが条件です。

細かい条件は業者によって違いますが、
2tショートトラックで50q圏内というのが一つの目安です。
50q圏内というと同一県内か隣接県くらいまでの移動が限界です。

また中には以下のような厳しい規制が課せられている業者もあります。

  • 大型荷物は2個まで
  • 引越しスタッフは1名のみ
  • 繁忙期は対象外
  • 光回線開通の保証金を取られる
  • 引越し作業は委託業者

100円で引越せますと謳っている割には、
かなり細かい条件が付いてくるのが現実というわけです。

進化する100円引越し

もともとは100円引越しはITベンチャー企業が始めたサービスでした。
ところが最近では、引越し業者も手を広げ、安心して利用できる環境が整いつつあります。

サービス自体も進化をし始め、
単身者向けだけでなくファミリー向けの100円引越しというのも出てきました。
ただしその条件は2tロングトラック1台で20〜30キロ圏内という厳しいもの。
実際にファミリーが引越しできる内容ではありません。

規定に収まりきらない場合は、別途料金が発生して行くのが条件で、
移動距離が25q増えるごとに5000円アップなど、かなりの高額追加が待っています。

100円引越しは得なのか損なのか

100円引越しはお得なのか損なのか…
それは利用する人によって違います。

近距離引越しを考えている単身者で、ちょうど光回線を開通させようと思っていた。
という、まさにジャストな人にとってはお得かもしれません。

でも特に光回線の開通を考えていたわけではないけれど、
近距離引越しを考えている単身者では、逆に高くついてしまいます。

実際単身者で光回線を開通するという人は少なく、
ほとんどの人がスマートフォンのwifiや無線LANを活用しているのが現状です。

光回線を開通させることで毎月料金がかかってきますし、
2年間は解約できないという条件も付いてくるので、
総合的に支払う金額は、通常の引越し代金よりもずいぶん高くなってしまうんですね。

また最近では光回線の申し込みで、
最大6万円もキャッシュバックしてくれるところもあるくらいなので、
結局のところ引越しも光回線も、
普通に申し込む方がお得という結果になる事もあるのです。

お得なようでお得じゃない100円引越し。
100円という料金に目を奪われる前に、冷静な判断を心がけましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!