「雨天決行」が引越し業者の基本スタンス

引越し当日の雨は、自分たちにとっても引越し業者にとっても嫌なものです。

体が濡れるのはもちろん、大切な荷物が濡れる危険も高くなりますし、
また雨によって道路が渋滞して予定が遅れてしまうこともあります。

出来れば別の晴れた日に引越しを変更したいと思う人もいるかもしれませんが、
残念ながら、引越し業者の原則は「雨天決行」なのです。

雨が降ってもキャンセルは出来ないの?

例え引越し当日に雨が降った場合でも、延期やキャンセルなどは出来ません。
というよりも、正確に言えば「引越し業者側からは出来ない」ということになります。

なぜなら、「地震、津波、洪水、暴風雨、地すべり、山崩れその他の天災」を除いては、業者側からのキャンセルは原則として出来ないと「標準引越運送約款」で定められているからです。

したがって、もし雨を原因として引越しの延期や中止をしたいという場合には、
私たち「客側の都合で引越しの延期や中止を申し出る」、という形になります。

すると、引越し業者に対してキャンセル料が発生することになってしまうので、
万一引越し当日に雨が降ってしまった場合には、

  • 我慢して雨の中で引越し作業を行う
  • キャンセル料を支払って延期、または中止にする

という苦渋の選択を迫られることになります。

ワンポイントアドバイス

なお、引越し当日の2日前までに延期などを申し出ればキャンセル料はかからないので、
週間天気予報などを見て事前に雨が降らないかどうか確認しておきましょう。

また、当日になって本当に強い土砂降りの雨が降っていたという場合には、
もしかしたら業者側も相談に乗ってくれるかもしれませんので、
ダメ元でも、一度担当者に電話して確認をしてみましょう。

キャンセル料についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

多少の雨なら業者に任せてしまうという手も

ちなみに、当たり前の話ですが、引越し業者側は雨の日の引越し対策もしています。
ですから、多少の雨くらいなら気にせず続行してしまうというのもありでしょう。

一番心配なのは荷物が雨に濡れることだと思いますが、
ちゃんと業者側が濡れないように梱包してくれるはずです。

ただし、引越しプランの中に梱包が含まれていない場合は別途梱包料金が発生する場合もあります。

また特に大事な荷物については、絶対に水に濡れないように、
ビニールで包んだ上でダンボール箱に入れるようにしましょう。

特にパソコンや家電製品などには細心の注意を払う必要があります。

ダンボールは濡れると強度が弱くなるので重たい荷物には注意しましょう。

また、家の玄関と車までが離れている場合は特に雨対策をしっかりやりましょう。

新居についてからの注意点

新居についた後は、すぐにダンボールから荷物を取り出して、
もし濡れたものがあったらすぐに乾かすことが大切です。

ダンボール自体は多かれ少なかれ湿っているはずなので、
決して荷物を入れたままにしてはいけません。

ぱっと見では大丈夫そうでも、湿気で荷物が傷むことがあるからです。

特に注意が必要なのは、色落ちする荷物やカビが生える荷物などです。

また細かな物だけではなく、カーペットや畳などにも注意しておかないと、
色落ちやシミなどの原因になることがあるので注意しましょう。

そして最後に、新居の壁や床などに汚れがないかを確認しておきましょう。

引越し業者側も注意を払って荷物を運んでくれると思いますが、
どうしても雨の日は汚れがつきやすくなるからです。

もし汚れている箇所を見つけたら、早めに拭き取っておかないと落ちにくくなります。

このように、雨の日の引越しというのはとにかく大変な作業になります。

もし高額な家財道具がたくさんあるという場合には、
多少のキャンセル料を支払ってでも延期した方がよい場合もあるので、
雨によるリスクを考慮した上でどうするか決めましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!