原則として「前々日まで」は無料でキャンセルが可能

業者に引越しを依頼する際にやはりと気になるのが、
何らかの理由で引越しを取りやめる場合の「キャンセル料」ですよね。

キャンセル料がどれくらいの金額になるか不安に思っている人もいると思いますが、
引越し業者へのキャンセル料は、『引越約款』によって以下のように定められています。

  • 引越し日の前々日までは無料
  • 引越し日前日にキャンセルする場合は見積運賃の10%
  • 引越し日当日にキャンセルする場合は見積運賃の20%

前々日という、かなりギリギリでもキャンセル料はかからず、
いざ前日や当日になってしまっても、そこまで料金は高くないな・・・という印象ですね。

キャンセル料は業者によって違うの?

上記に記載したキャンセル料は、「引越約款」によって定められたものなので、
基本的にはどの業者であっても一律で変わらないはずです。

万一キャンセル料が異常に高かったり、
または事前に「手付け金」などを要求してくる悪徳業者があったら絶対に断りましょう。

ただし、上記は引越し自体を「キャンセル」する場合だけではなく、
「日時変更」の場合でも発生するので注意が必要です。

例えば、引越しする日や時間帯をずらしたいだけであっても、
前々日までに申し出ないと、追加の料金が発生してしまうということです。

これは意外と知られていないようなので、くれぐれも注意しておきましょう。

ただし、急な事故や病気、身内の不幸などがあった場合、または激しい天候不良などの場合には、無料で日時変更をしてくれることもあります。

詳しくは契約した引越し業者側に問い合わせてみましょう。

キャンセル料以外の料金が発生する場合もあるので注意

最後にもう一点注意しておかなければならないのは、
「キャンセル料以外の料金」が発生するケースです。

具体的には、契約時に荷造り用としてダンボールを置いていってもらった場合には、
ダンボールの返却にかかる送料などを自分で負担しなくてはなりません。
もしダンボールを使ってしまった場合には、買い取りとなることもあります。

その他、細かな物ではダンボールに封をするガムテープなども含まれます。

これらの荷造り用資材に関しては、
引越しを依頼するという前提で、業者側から先渡ししてもらうものです。

ですから、最終的に引越しをキャンセルした場合については、
当然、もらったままの状態で業者側へ返さなければならないので注意しましょう。

基本的に、急なキャンセルになればなるほど、
自分にとっても業者側にとっても都合が悪くなりますので、
どうしてもキャンセルしなければならない場合はすぐに連絡をいれましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!