紛失に関しては保険適用外の場合が多いので注意!

引越し時に良くあるトラブルといえば、荷物の「破損」や「紛失」です。

このうち、「破損」については引越し会社の保険が適用される場合がほとんどですが、
「紛失」の場合は保険が適用されない場合も多いので注意しましょう。

詳しい保険の適用範囲については、必ず事前に引越し業者に確認しましょう。

保険適用外なら警察へ連絡?

もし実際に荷物が紛失してしまい、さらに引越し業者側の保険が適用外だった場合には、
「盗難」という扱いになって、警察に連絡する必要が出てくるかもしれません。

これはつまり、

「引越中に荷物がなくなる = 盗難された」

という理解になるためです。

引越し会社側としては、荷物の「破損」はともかく、
「紛失」という点に関しては、『基本的にあり得ないもの』として扱うため、
万一起こった場合には、盗難事件として警察に届けて欲しい・・・
という対応になるようです。

実際に「紛失」を証明するのは難しい!

そうはいっても、引越し中に荷物がなくなってしまったのであれば、
やはり引越し業者側の責任として何らかの補償が欲しいところですよね。

しかし、現実的に考えた場合、
荷物の紛失を証明するのは非常に難しいと言えます。

よほど大きくて目立つ荷物ならばまだしも、
一般的な荷物に関しては、そもそも目録などを作っているわけではないので、
最初から確実荷物が存在していたことを証明することが困難だからです。

ですから、絶対になくしてはいけない貴重品に関しては自分で運ぶべきですし、
そうではない荷物も、引越し後に時間をおかずすぐ確認することが重要です。

貴重なものから順に、新居に届いたらすぐさま荷解きをして、
可能な限り引越し業者がいる間に確認作業を済ませるようにしましょう。

一度引越し業者が引き上げた後に責任を問うのは、さらに難しくなるためです。

契約内容によっては保証が効く場合も

ちなみに、契約する引越し業者の保険内容によっては、
荷物の「紛失」であっても保証が効く場合もあるようです。

以前に管理人が経験した限りでは、「クロネコヤマトの引越センター」では、
荷物の紛失に対しても保険が適用されると見積もり時に伺いました。

また、「アリさんマークの引越社」にある「アリさんスペシャルフルパック」のように、
引越し前の状態をデジタルカメラで撮影している場合であれば、
万一紛失があった場合でも証明は可能かもしれませんね。

とはいえ、やはり「破損」に比べて「紛失」は立証も困難なため、

  • 本当に貴重なものは必ず自分で管理すること
  • 重要な荷物は引越し業者がいる間に荷解きをして確認すること

ということを、引越し時の原則としておぼえておきましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!