当日きた作業スタッフに「心付け」を渡した方がいいの?

いざ引越し当日を迎え、作業スタッフが自宅にやって来た際に、
引越し業者への「ご祝儀」が必要かどうかで悩む人もいると思います。

日本ではアメリカと違って「チップ」を渡す風習はありませんので、
もし仮に渡すにしても、

  • どのタイミングで
  • いくらくらい

渡せばいいのか迷ってしまいますよね。

そんな「ご祝儀」について、
管理人の経験をもとに必要かどうかを考えてみたいと思います。

作業スタッフに与える心理的な影響は大きい

まず、法律的な面でご祝儀の有無を論じるならば、
無理にご祝儀をわたす必要は当然ありません。

そもそも、「ご祝儀は必要ですか?」と事前に引越し業者に尋ねたとしても、
ほぼ確実に「必要ありません」という答えが返ってくると思います。

引越し業者によっては、ホームページなどで明確に「受け取れません」と書いているところもあります。

ただし、タテマエではなく、現実的な考え方をするならば、

「ご祝儀は当日きた作業スタッフのモチベーションを上げる」

という意味で、用意する意味はあるのではないかと思います。

作業スタッフの気持ちになってみよう

実際に引越しを経験したことがある人ならわかると思いますが、
引越し業者の作業というのはかなりの重労働です。

特に、3月や12月などたくさんの引越しが重なる繁忙期や、
あるいは真夏や真冬などにおける引越しは本当にツライ作業です。

そのような中でも重い荷物を抱えて作業をしなければならないのですから、
いくら仕事とはいえ、作業スタッフもモチベーションが下がる事があるでしょう。

これは人間であれば仕方のない部分だと思います。

しかし、作業スタッフのモチベーションが低い状態では、
実際に不利益を被るのは私たち依頼者側の方なのです。

具体的なデメリットを挙げると、

  • 荷物の扱いが雑になる
  • 言葉遣いや応対が雑になる
  • ちょっとした頼み事も聞いてくれない

などといった弊害が出てきて、
時には大きなトラブルにつながってしまう可能性も出てきます。

スムーズに引越しを終えるための「テクニック」と考えよう

このような事態を避けるためには、
やはり事前にご祝儀を準備しておいた方が無難かな、と思います。

実際に作業前のスタッフにご祝儀を手渡してみればわかるのですが、
ちょっとした心付け程度の額でも、ご祝儀があるのと無いのとでは、
スタッフ側の対応は明らかに変わってくるからです。

例えば荷物の扱いに関しても丁寧に気を遣ってやってくれますし、
こちらがちょっとした頼み事をした場合でも、快く応じてくれます。

これは、「もし自分がスタッフ側だったら・・・」、
と考えてみれば想像できますよね。

もちろん、正規の引越し料金を支払っている上に、
さらにスタッフに対してご祝儀を用意することに抵抗がある人もいると思います。

しかし、ここは少しだけ頭を柔らかくして、

「引越しをスムーズに行うためのテクニック」

と考えて、ご祝儀を用意してみてはどうでしょうか?

なにも、そんなにたくさんのご祝儀を用意する必要はありませんので、
スタッフ一人に対して500円〜1000円程度の用意で十分だと思います。

こちらからちょっとした気配りをしてあげることで、
スタッフ側も気持ちよく作業に取り組むことができますし、
その結果として、荷物の扱いが丁寧になるのなら、こちら側のメリットも大きいと思います。

ご祝儀は必ず作業がはじまる前に渡そう!

ちなみに、もしご祝儀を渡すと決めたのであれば、
必ず引越し作業がはじまる前にスタッフへ手渡しましょう。

作業が終わった後に、「お疲れさま」と渡す人も多いようですが、
このタイミングでは、今説明したような効果は得られないからです。

また出来れば、ご祝儀はスタッフ一人ひとりに個別に手渡しするのがオススメです。

もしまとめ役の人にスタッフ全員分のご祝儀をあずけてしまうと、
そのご祝儀が配られるのは、恐らく引越し作業が終わった後になるからです。

QUOカードを利用するのもスマート

最後に気になるご祝儀の額についてですが、
これはあまりたくさん渡す必要はないと思います。

引越しの状況にもよりますが、よほど過酷な状況でない限りは、
一人当り500円〜1000円程度、高くても2000円以内で十分だと思います。

また、直接お金を渡すのに抵抗がある人もいると思いますので、
そういった場合はジュースの差し入れなどにするという手もあります。

暑い夏場などは喜ばれるかもしれませんね。

ただ、作業スタッフが来てすぐにジュースを渡すというのも変なので、
もし現金に抵抗がある場合は、QUOカードや図書カードなどを利用しましょう。

QUOカードであればコンビニをはじめ色々なところで使えて便利ですし、
直接現金を手渡すよりもスマートではないかと思います。

なお、上記はあくまでも個人的な意見であり、引越し業者へのご祝儀を強制する意図などはまったくありません。

また、ご祝儀の受け取りを禁止している業者もありますので、
そのような場合は、無理に渡そうとせず言葉でお礼の気持ちを伝えましょう。

無料の一括見積もりサイトへ

※早く見積もり請求をするほど値引きできる可能性は上がります。詳しい「値切りのコツ」はこちらのページへ。