引越祝いは忙しい時期を避けて渡すのが鉄則

引越しをする人の事情は様々であり、
特に引越し前後はかなり忙しい日々を送っているはずです。

そのため引越祝いを渡す際には、
相手の迷惑にならないようにタイミングを考える必要があります。

また、引越す人との付き合いの深さによっても、
引越し祝いを渡すタイミングは違ってきます。

親族、友人、職場の同僚、ご近所さんなど、付き合いの度合いによって、
引越し前に渡す方がよいのか、引越し後に渡す方がよいのかを考える必要があります。

いずれの場合も、引越し日前後はとても忙しいので、ある程度余裕をもって渡しましょう。

引越し前であれば1ヶ月から1週間前くらいまでに、
引越し後であれば2週間後、もしくは新居のお披露目の時に渡すのが良いでしょう。

「引越祝い」と「新築祝い」の違い

一般的に「引越し祝い」というのは、
中古の一戸建てや、マンションなどを購入して引越す場合に渡すお祝いを指します。
新築の戸建てやマンションへの引越す場合には、
「引越祝い」ではなく「新築祝い」となります。

なお賃貸から賃貸へ引っ越す場合は、よほど親しい間柄でなければ必要ありません。

つまり「引越し祝い」や「新築祝い」を贈るケースでは、
相手は家やマンションといった大きな買い物をしているということになります。

このような点を考慮した上で、相手が喜ぶ方法でお祝いを贈ることを心がけましょう。
あまりに高価な品を贈ってしまうと、
金銭的にも精神的にも相手に負担をかけてしまうことがあります。

引越し祝いの相場は? 何を贈ればいいの?

引越し祝いに限らず、贈り物を贈る際には、
相手の状況などを考えた上で、喜ばれる品を贈ることが大切です。

一般的には、知人、友人であれば5千円〜1万円くらい、
親族であれば3〜5万円くらいが引っ越し祝いの相場となります。

もし職場の同僚へ贈るのであれば、
職場でお金をひと口いくらかで募って、まとめて渡す方法もあります。

親しい間柄であれば、本人が希望するものを直接聞くことができますが、
そうでない場合には、
現金や商品券、カタログギフトなどを贈っても喜ばれるでしょう。

置物やインテリアなどを贈りたいと考える人も多いかもしれませんが、
まだ片付けが終わっていない段階では相手に余計な負担をかけることになります。

また、インテリア関連は人それぞれで好みなどがありますので、
よほど相手の好みを熟知していない限りは、品選びが難しくなってしまいます。

その点、商品券やカタログギフト類であれば好きなものが選べますので、
多少贈り物のインパクトには欠けるかもしれませんが、
相手の気持ちを考えるのであれば、一番無難な選択と言えるでしょう。

その他、少し高級なタオルなど、実用品を贈っても喜ばれると思います。

なお「火」に関係するものは引越し祝いには適しませんので、決して贈らないように注意しましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!