引越し作業中に家具が壊れた場合はどうなるの?

引越しは大きな荷物からデリケートな精密機器まで、
すべての荷物を部屋から部屋へ移動させるのですから、
当然、破損や紛失といったトラブルが付き物です。

できればそんなトラブルに巻き込まれるのは勘弁してほしいものですが、
引越し業者と言えども人間です。
多少のミスが起こるのは防ぎようがありません。

万が一、こういったトラブルに巻き込まれてしまったら、
どのように対処すればいいのでしょうか。

引越し作業中に荷物の破損や紛失が発覚した

引越しの作業中に荷物の破損や紛失が発覚した場合、
引越し業者も非を認めて、スムーズに話合いが進んでいくケースが多くなります。

破損や紛失を見つけた時点で、その場にいるスタッフに報告し、
お互いに確認を取りながら話し合いを進めていきます。

通常、破損したものの修理や代替品、同等の金銭などの補償がなされますが、
現場スタッフではどういった補償内容にするかを決めることができないので、
細かい話し合いは契約時の担当者やクレーム担当者などに対応してもらいましょう。

引越し後、破損や紛失が発覚した

引越し作業中には気づかなかったけれど、
後から荷解きをしていたら破損や紛失が発覚したという場合は
速やかに業者に連絡する必要があります。

この場合も連絡は契約時の担当者やクレーム担当者などにすると
話がスムーズに進みやすくなります。

ただし引越しで荷物の補償がされるのは3か月以内と決まっていて、
それを過ぎてしまうと泣き寝入りしなければならなくなってしまうので要注意です。

またその場で破損や紛失が発覚していない場合、
業者が関与を否定してくることもあり、話がこじれてしまう可能性も高くなります。

スムーズな補償のために

万が一のトラブルの際、業者と押し問答になるのは、できるだけ避けたいですよね。
そんな時はあらかじめ業者と共に家具や家電の状態をチェックしておくことがお勧め。

家具を一つ一つチェックしてまわったり、
事前に家具の写真を撮って傷の有無を記録しておくのも役立ちます。

また紛失を防ぐためには、段ボールにすべて番号を記入しておくとわかりやすいです。

運び出す前は何箱あったか記録しておけば、
新居に着いたときにすべてそろっているか一目でわかります。

補償内容を確認しておこう

引越しには必ず荷物の補償が付いていますが、
すべてのケースで保障されるというわけではありません。

たとえば引越し業者の過失ではない交通事故や
引越し業者以外の梱包での破損などは、補償の対象外になってしまいます。

また補償には上限があるという事も忘れてはいけません。

例えば高級な品物が壊れてしまったとしても、
補償額を超えてしまえば全額は補償してもらえません。

さらに品物によっては、補償の対象外となっているものもあります。
引越し作業が始まる前に、必ず補償の内容を理解しておきましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!