マンションの階数によって引越し料金は変わるの?

引越しは色々な条件で料金が変わってきます。
荷物の量や移動距離はもちろん、新居や旧居の階数によっても違うのです。

当然のことながら、階数が高ければ高いほど料金は高くなります。

階数による料金の差

では階数によってどれくらい料金に差が出てくるのでしょうか。
一般的な相場を見てみましょう。

  • エレベーターありの場合  一階上がるごとに+500〜1000円
  • エレベーター無しの場合  一階上がるごとに+1000〜2000円

たとえばエレベーター無しアパートの3階から、
エレベーターありマンションの4階に引越しする場合、
1000円×2(上がる階数)+500円×3(上がる階数)=3500円という計算になり、
最低でも3500円高くなってしまうというわけです。

つまり高層マンションに引越すとなると、かなり高額になるというわけですね。

値引きの余地あり!?

確かに引越しをする階数によって料金が高くなるのは事実ですが、
そのためにマンションの高層階をあきらめるというのは、ちょっと違いますよね。

実は見積もりを出すとわかるように、
階数に対する料金がハッキリと明記されているわけではありません。
つまり階数分の料金は、業者もさほど注目しているわけではないというわけです。

もちろんエレベーターがない場合は、
階数が上がるにつれて作業が大変になってしまいますが、
エレベーターがある場合は、2階だろうが5階だろうが、
エレベーターに乗る時間が数秒違うだけなのです。

交渉次第で階数分の上乗せ料金は、減額できる可能性が高いですね。

うまく値段交渉するためには

うまく値段交渉するためには、3つのコツを抑える必要があります。

繁忙期は避ける

引越し業者が最も忙しい繁忙期は、値段の交渉には不向きです。
わざわざ安い料金で仕事を引き受けなくても、どんどん仕事が舞い込んでくるので、
業者も強い姿勢で構えているのです。

一方で、仕事がほとんどない閑散期は、
多少サービスしてでも仕事を受注したいと思っています。
ですから値段交渉に応じてくれる可能性も高くなります。

相場を知っておく

値段交渉をすると言っても、ただ闇雲に言うだけでは埒があきません。
そもそも相場を知っておかなければ、
値下げされた料金が安いのかどうかもわかりませんよね。

まずは自分の引越しのケースで、平均相場がいくらなのかを知っておくようにしましょう。

複数社の見積もりを取る

値段交渉で最も肝心なのが、他社と比べることです。
「他社はこの値段で見積もり出してますよ〜」
という一言で、かなりの値下げを期待できます。

ただ、複数の業者に見積もりを依頼するのはとても面倒な作業です。
そこで便利なのが、一括見積サイトを利用すること。

一括見積サイトは一度の入力でたくさんの見積もりを手にすることができるので
わざわざ一社一社連絡を取る手間が省けてしまいます。

賢い値段交渉のためには、欠かせないステップです。

無料の一括見積もりサイトへ