まず何が原因で料金が加算されたのかを確認しよう

引越し関係のトラブルでやはり多いのは「料金関係のトラブル」です。

特に多くの人が不安に思っているのは、

「見積金額よりも多く請求されたらどうしよう」

という不安ではないでしょうか?
もしこのようなことが実際に起きてしまった場合には、
落ち着いて原因から確認していくことが大切です。

自分側に責任がある場合も

見積もりよりも多い金額を請求されると、
つい「悪徳業者に引っかかった!」と激高してしまう人もいるかもしれませんが、
実は自分側に非があって料金が加算されてしまった・・・というケースもあります。

例えばこのようなケースが考えられます。

下見の時よりも大幅に荷物が増えている

見積もり金額を出す際には、業者が一度家まで下見に来て荷物の量などを確認しますが、
この荷物の量が、引越し当日までに大きく増えていた場合は
当然追加料金の対象となります。

例えば、「この家具は捨てるので当日は運びません」と答えていたものが、
諸事情によって捨てられず、やはり運ぶことになった・・・
などというケースも該当します。

当日までに荷造りが終わってない場合

引越しには色々なプランがありますが、
安いプランの場合は荷造りを自分でやらなければなりません。

しかし、これが当日までに終わっていない場合には、
引越し業者に手伝ってもらうことになるため、当然追加料金の対象となります。

道、建物の状況が報告していたものと違う場合

業者が下見に来た際には、
「新居前の道幅」や「新居の階数」「エレベーターの有無」など、
荷物を搬入する上で関わってくるいくつかの質問をされると思います。

もしこれを正確に伝えられていないと、業者側に想定外の作業負担が発生してしまうため、
場合に寄っては追加料金を請求されてしまうこともあるので注意しましょう。

下見の際に質問される内容についてはこちらの記事をお読み下さい。

他にも色々なケースが考えられますが、とにかく気をつけなければならないのは、
見積もりの際に、不正確で曖昧な返答はしないということです。

上記のようなケースでは、例え良心的な引越し業者であったとしても、
追加料金を請求しなくてはならないケースもあるので注意しましょう。

現場スタッフに話が通じない場合は見積もり担当者へ連絡

追加料金が発生した原因を作業スタッフに詳しく確認し、
冷静に判断をした上で、それでも納得がいかないという場合には、
まずは見積もり作成の際に下見に来た担当者に確認をしてみましょう。

というのも、ほとんど場合、
引越し当日に来る作業スタッフと、下見に来るスタッフとは別人だからです。

もしかしたらこの両者の間で何か誤解が発生しているかもしれないので、
見積もり担当のスタッフに直接連絡し、
なぜ追加料金が発生したのかを問いただしてみましょう。

特に引越しシーズンなどの忙しい時期は、
実作業を担当するスタッフの多くがアルバイトや契約社員の場合もあります。

このような場合、現場のスタッフと話してもらちがあかないので
担当に直接連絡しましょう。

それでも解決しない場合は消費者センターへ相談

ここまでやっても解決しないという場合には、
あとは消費者センター(国民生活センター)に連絡をして相談するしかありません。

あまり考えたくはないですが、世の中には悪質な引越し業者もいると思うので、
何かあった場合には、なるべく時間をあけずにすぐに相談しましょう。

特に、引越しの際の荷物の紛失や、家具の破損、住居の傷などは、
時間が経てば経つほど立証するのが難しくなりますので、すばやく動くことが大切です。

家具や住居の傷に関しては、証拠となる写真を撮影しておきましょう。

なお、引越しに関するトラブルについては、
消費者センターのほか、「全日本トラック協会」で相談に乗ってもらえる場合もあるので、
あわせて問い合わせてみるとよいと思います。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!