引越しの見積もりは早く取った方が得をする

引越しの予定がある人は、できるだけ早く引越し業者の見積もりを取りましょう。
早くて悪いということは全くありません。

むしろ早めに見積もりを取っておいたほうが、
優先的にスケジュールを組んでもらえますし、
時間的に余裕があることで、値引き交渉でもこちらが主導権を握ることができます。

引越し日が確定していない段階で申し込んでもまったく問題はないので、
引越し先が決まった時点ですぐに見積もりを取りましょう。

理想は2ヶ月前、遅くとも1ヶ月前までに

では、具体的には何ヶ月前に予約をすると良いのでしょうか。
できれば2ヶ月前くらいには見積もり依頼して、
値引き交渉をスタートすることが理想です。

2ヶ月前の段階では、まだ退去日などがはっきりしていないかもしれませんが、
逆に引越し料金が安くなる頃を見計らって、退去日などを選ぶこともできます。

また見積もり後の下見についても、余裕をもって日程を組むことができます。

賃貸物件の場合には、通常は退去予告を1ヶ月前には行う必要がありますで、
遅くてもその前までには、引越し業者に見積もりを依頼しておきたいところです。

引越し料金は、引越しする日にちや時間帯、曜日などによって変わってくるので、
引越し料金が安くなる日を先に確認した上で、
退去日などを設定した方が有利になるからです。

引越し業者の思惑を逆手に取ろう

どの引越し業者も客を獲得するために必死ですから、
少しでも早い段階から予約枠を埋めていきたいと思っています。

そのため早い段階で契約の話を進めれば、
多少のわがままを言っても応じてくれる可能性が高くなります。

逆に、日程ギリギリになってから見積もりを取ると、
業者もこちらに時間的な余裕がないことを見抜いているので、
値下げ交渉がやりにくくなります。

そのため、仮に同じ引越し日を指定したとしても、
早めの交渉の方が、割引やオプションサービスなどの特典がつく可能性が高くなります。

最終的に引越し業者と契約を結ぶにしても、
家の下見や値引き交渉などで多少時間が取られることもありますので、
その分の余裕も考えて、なるべく早めに見積もりを取るようにしましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!